F-BLOG / カウボーイの“我想う”

cowboy
2011 / 4
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PHOTO

投資家・投機家にとって

投資家・投機家にとって

ファーストサーバー障害に想う

ファーストサーバー障害に想う

iPhoneから始まるスタイルの変化に注目

iPhoneから始まるスタイルの変化に注目

極力シンプルに、を心がける

極力シンプルに、を心がける

9月23日「コモフェス2011 in 東京」告知&募集開始!

9月23日「コモフェス2011 in 東京」告知&募集開始!


2011年04月21日(木)

[ 金融全般 ]
マネックス、TradeStation Group買収合意(TOB)

今日は朝から久々にビックリな以下ニュースが飛び込む。

▼マネックスG:米国のオンライン証券TradeStation Group株式の取得について

画像(500x185)

おぉ、あのトレードステーションをマネックスが買収かいな、というのが直ぐの感想。そういえば10数年前トレードステーションとか幾つか高いデータと共に使わせて頂いてて、当時はロジック(売買システム)作成やシステム検証といえばやはりそれが定番であり、国内の代理店の方などとEasyLanguageの事とか色々やり取りしていたのを思い出す。だからこそ今回のニュースでも「“あの”トレードステーションを」と思った訳で、何だか不思議な感じでもある。ああ、そうだその時はまだオメガ・リサーチ社だったか。

ところでその10数年前とは異なり、今では国内のシストレ&検証ツールなどもTradeSignalやらトレードスタジアム、マネックストレーダー、Win-Stationといったものから、FXではお馴染みのMetaTraderやDealBookまで本当に色々なものが出回り浸透してきている。そしてその周りの派生ビジネスも(この辺り参照)。当時は勿論10数年後にこういう状況が来るなんて想像できる筈もなく。

ちなみに本日更新された松本社長のブログ内容はこちら。

▼マネックス証券CEO 松本大のつぶやき:「グローバル化」

で、本件買収の意義もピックアップ。

本件買収の意義:事業展開における相乗効果
同社株式の取得は、当社グループのグローバル化の一環としての米国市場への進出のみならず、技術力・顧客基盤・収益基盤について当社グループと補完関係が構築できること、日本や中国でのアクティブトレーダー層への展開において同社の技術開発力を活用できること、米国市場での経験豊富なマネジメントや IT 技術者と協働できることなど、当社グループとしての中長期的な成長、企業価値の向上に大きく貢献する、意義の大きい戦略的アクションと位置づけています。具体的には、新たな収益基盤の確保および地域分散によるグループ全体の収益力強化、同社との共有プラットフォームによる固定的費用の抑制、グローバルな 24 時間取引への対応、グローバルな経営執行体制の構築など、さまざまな相乗効果
が考えられます

もう一つキッカケについても。

「我々は事業戦略の中でM&A(合併・買収)を志向しているわけでないが、時間を買うという選択もあり、(今回は)結果としてM&Aを使った」

「為替の円高が後押ししたことも大きい。円高を背景に日本からグローバル企業を作り上げる好機とも考えている」

地域別の収益構成について「今後4年以内に日本40%、米国35%、中国25%に持っていきたい」

同社の今後の展開に注目したい。

Posted by cowboy at 21時22分

ページのトップへ ページのトップへ

更新通知[RSS]

RSS

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

運営サイト

CFDNOW
FactualFutures
ツイコモ
SemiNavi
FOREX PRESS

最近の記事

カテゴリーリスト

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 F-BLOG All rights reserved.