F-BLOG / カウボーイの“我想う”

cowboy
2012 / 6
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PHOTO

総合テクニカル分析ツール発表会

総合テクニカル分析ツール発表会

iPhoneから始まるスタイルの変化に注目

iPhoneから始まるスタイルの変化に注目

雑談:FXで最近気になったこと2つを

雑談:FXで最近気になったこと2つを

Windows Vistaいよいよ発売だが、、

Windows Vistaいよいよ発売だが、、

ディーラー烈士伝と先物業績データ

ディーラー烈士伝と先物業績データ


2012年06月19日(火)

[ 商品先物 ]
廃業と品目別構成比率の変化など

さて、昨日付で澤田HDの子会社エイチ・エス・フューチャーズ(旧オリエント貿易)が商品取引業の廃業を発表しました。先月末から動きが変だったので色々とリサーチしていていたのですが、数週間でバタバタという感じだった様です。移管先は日産センチュリー証券、ちなみに昨年10月末時点の同社口座数は2083口座、建玉のある口座数は319口座、預りは9億1281万でした。

▼エイチ・エス・F:商品先物取引業の廃止に関するお知らせ(PDF)
▼一目瞭然2:商品先物ネット取引各社データ一覧(2011年10月度)
▼ネット取引ニュース:エイチ・エス・F「9/11をもって商品先物取引業を廃止へ」

既に東京穀物商品取引所も来年3月には清算を決め、関西は一応あるにせよ、実質は東京工業品取引所(東京商品取引所に商号変更予定)に一本化という形になります。といっても既に出来高ベースで見れば、以下のグラフの通りTOCOM上位7銘柄で91%を締めており、移管が決定しているコーン・大豆・小豆・粗糖の4銘柄でわずか7.2%という状況です。

画像(421x188)

平成23年度 品目別構成比率

なお、こちらは3年前の平成20年度の品目別構成比率となります。

画像(435x190)

平成20年度 品目別構成比率

ちなみにこちらは年度別の出来高推移で、ピークの平成15年度と比較すると、昨年度は約1/5程度という状況です。

画像(500x273)

年度別出来高推移

ご参考まで。

Posted by cowboy at 09時51分

ページのトップへ ページのトップへ


検索


運営サイト

SemiNavi
ツイコモ
CFDNOW
FOREX PRESS
FactualFutures

最近の記事

カテゴリーリスト

 

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 F-BLOG All rights reserved.