F-BLOG / カウボーイの“我想う”

cowboy
2007 / 4
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PHOTO

LINEとiPad、そしてコミュニケーション

LINEとiPad、そしてコミュニケーション

08年3月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

08年3月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

FX勉強会協力スタッフ募集&別件最終チェック中

FX勉強会協力スタッフ募集&別件最終チェック中

スタンダードとなるべく

スタンダードとなるべく

マガジンラボ&たまいち

マガジンラボ&たまいち


2007年04月11日(水)

[ 外国為替 ]
雑談:FXで最近気になったこと2つを

画像(180x135)

ガイタメジェンヌ広告

本日はFX分野で最近気になったことの雑談でも。

まず一つ目はFXの広告絡みの件。右の写真は地下鉄車内の窓上のオクトキュービックの広告。同社は最近くらたまを絡め雑誌・セミナーなど「ガイタメジェンヌ」というサイトを柱に女性に向けたマーケティングを行っている。

まあそれは全然良いのだがその広告、「投資って金持ちのおじさんがやるものだと思ってました」的なキャッチコピー&FXという文字で構成され、視力2.0の私の目ですら判別が中々難しい程度のフォントで金先登録番号のみ掲載されている。
さて改正金融先物取引法(第68条)では“広告をするときは、手数料やリスクに関すること等の重要事項について表示しなければならない”とされ、また同(第69条)では“著しく人を誤認させるような表示をしてはならない”、とある。

サイトを見ればFXの説明・口座開設などがあるということは企業PRというよりは完全に広告と考えられるが。ちなみにコンプラをかっちりやっている企業などでは広告を出す前に毎回事前にチェックしてもらったりしているそうだが、はて新聞と車内広告では広告認識に違いがあるのであろうか。しかしこれがOKなら何でもありのようなきがするが。ちょっと問い合わせてみようか。
これが気になったことの一つ目。(参考:エクセルトレードに対する検査結果に基づく勧告

もう一つは4/5付けで少し記載したが、GFTとMJの件。その後色々な人から話を聞いて、今回の顛末の大体の所を把握したが、双方からのリリースなどを見ても口座保有者に対しての配慮不足であり、また説明不足としか感じられない。
問合せも何件かあることから、あくまでも今後の参考データ(判断材料の一つ)としてだが、知人の協力も受けてMJの前期(35期)決算報告書から同社の一側面をざっくりと切り出してみよう。

●給与
1人あたり人件費(年):約400万円(35期:388万円)
従業員数:23名
年間人件費:9200万円
月間人件費:767万円---(1)

●諸費用
販管費(35期):37162万円
月間販管費(35期):3097万円---(2)

月間ランニング=(1)+(2)=3864万円

●現金
仮受金:40159万円
現預金:55450万円
仮受金全額が引き出されたとして
純現預金:15292万円

●流動資産のうち現金化が容易なもの
保険積立金:4197万円
短期貸付金:2143万円
預け金:200万円
合計:6540万円

といった感じ。ご参考までに。

Posted by cowboy at 20時47分

ページのトップへ ページのトップへ

更新通知[RSS]

RSS

検索


運営サイト

FOREX PRESS
CFDNOW
SemiNavi
ツイコモ
FactualFutures

最近の記事

カテゴリーリスト

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 F-BLOG All rights reserved.