F-BLOG / カウボーイの“我想う”

cowboy
2005 / 2
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

PHOTO

14年1月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

14年1月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

12年4月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

12年4月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

判らないものは判らない

判らないものは判らない

コモフェス:多くの参加申込み有難うございます

コモフェス:多くの参加申込み有難うございます

06年度先物ネット取引データ調査

06年度先物ネット取引データ調査


2005年02月22日(火)

[ 金融全般 ]
自らが情報発信者となること

連日数多くのニュースを商品先物・為替ともニュースコーナーで取り上げているが、ネット上も含めた自らの情報発信という面から見るとまだまだ改善の余地も大きい。

新たに市場が広がった、またネット取引を取り扱う比率の高さという点から見てもやはりFX関連(関連部署含む)の方で自ら情報発信者という面やマーケティングでは少し先にはある状況。ただ同じ企業内でも取り組む業務(部署)によってかなり温度差・認識差があるのも確かで企業として明確な外向き対応を施している所はまだまだ先物業界では少ないのが現状だろう。

例えば情報の流れ方一つを取ってみても、情報ベンダーなどからのニュースの転用やそれを主体とした自社配信などは根本的な部分がひっくり返っている。これは取引所や協会関連などにも言えることであり、ページリニューアルなど繰り返すも本当の意味での「自らによる情報発信」という部分に取り組めていないところをみると本当に残念で仕方がない。ネットがこれだけ浸透した現在、また更に重要度を増すこれからにおいて旧来の様な情報の流れ方・流し方からの脱皮を望むところ。

特に両市場においては今後勧誘部分含め規制の強化で、より企画・広報部分へのウェイトが高まってくるのは明確である。情報の出し方・伝え方ということを、他業種などのやり方をもっと見習って改善していくべきだろう。

環境は変化しても本質的な部分に変わりはない。

ところでエン・ジャパンでドットコモの採用情報が18日から掲載されている。今後の業界規制や構造の変化なども見据え応募者はかなり来るような感じがしているが、さてどうだろうか。

Posted by cowboy at 18時07分

ページのトップへ ページのトップへ

更新通知[RSS]

RSS

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

運営サイト

ツイコモ
CFDNOW
SemiNavi
FOREX PRESS
FactualFutures

最近の記事

カテゴリーリスト

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 F-BLOG All rights reserved.