F-BLOG / カウボーイの“我想う”

cowboy
2007 / 9
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PHOTO

09年12月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

09年12月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

投資家・投機家にとって

投資家・投機家にとって

為替は身近な分だけ色々出来そう

為替は身近な分だけ色々出来そう

商品先物ネット取引データアンケート調査実施(2010年度)

商品先物ネット取引データアンケート調査実施(2010年度)

新しいスタイルを提案すること

新しいスタイルを提案すること


2007年09月25日(火)

[ マネー誌チェック ]
07年11月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

さて今月も「主要マネー誌チェック(FX・CX他)&勝手クリエイティブ大賞」を。ちなみに先のクリエイティブ大賞はインパクト重視で選出した「教えてアルゴ」(岡三オンライン証券)でした。

[参考記事] 過去のマネー誌チェックはこちらから

さて早速今月の主要3誌(プラスYenSPA!も)の内容と広告掲載企業をまとめてみますが、今月号は9/30施行の金商法絡みから広告の見極め・自粛が目立っていますね。掲載企業でも広告での表示内容やリスク表記のフォントなど様々な変更が見られ非常に興味深いです。まあクリエイティブもこれからは大変ですが、だからこそクリエーター・企画の腕の見せ所とも言えるのですが。

画像(125x170)

日経マネー

●日経マネー:「業績先取り&チャート塾」
中ほどで「個人投資家レスキュー大作戦!〜サブプライムで9割が打撃」(株・FX)という特集あり。

 ・カブドットコム証券(証券会社/FX・先物他/表2見開き)【常連】
 ・東工取&東工振興協会(商品取引所/金ミニ先物)【常連】
 ・コスモ証券(証券会社/ネットFX・くりっく) 【常連】
 ・トレックス(商品取引員/対面FX)
 ・エース交易(商品取引員/金ミニ先物)

画像(125x170)

マネージャパン

●マネージャパン:「人気260銘柄株価検診」
来月刷新(デザイン・ロゴなど)に併せ読者モニターを50名募集している。申し込もうかと思ったが、応募方法や初回に出させるものが多く面倒なのでパス。

 ・岡三オンライン証券(証券会社/株ほか/表2見開き)
 ・ひまわり証券(証券会社/ネット225ミニ)
 ・フォーランドFX(FX専業/対面・ネットFX/記事広)【常連】
 ・岡安商事(商品取引員/対面CX)【初】
 ・ジェット証券(証券会社/ネットFX)
 ・ひまわり証券(証券会社/ネットFX)【常連】

画像(125x170)

ZAi

●ダイヤモンドZAi:「20万円で買える有望株」
中ほどで「トレードツール最強使いこなし術(ネット証券)」という特集があり、各社の担当者がそれぞれテーマごとにサービス内容を紹介している。またブームに便乗した「株のブートキャンプ」という特集があるのだが、なんだかそこまでやるか感がでていて悲しさが漂う(^^; また他にも金ミニと特集あり(7ページも)。といっても金ミニ広告は2社のみ(1つはトコム)

 ・大和證券(証券会社/ネットFX/表2見開き) 【常連】
 ・コスモ証券(証券会社/ネットFX・くりっく/見開き)【常連】
 ・ジェット証券(証券会社/ネットFX)
 ・塚本証券(証券会社/ネットFX)【初】
 ・エース交易(商品取引員/ネットFX・OTC)
 ・サイバーエージェントFX(FX専業/ネットFX)【久々?】
 ・トレックス(商品取引員/対面FX)
 ・大阪証券取引所(取引所/金ETF)
 ・東工取&東工振興協会(商品取引所/金ミニ)
 ・東京コムウェル(商品取引員/ネットCX・金ミニ)【初】
 ・FXオンラインジャパン(FX専業/ネットFX)

画像(125x170)

YenSPA!

●YenSPA!'07秋号:「FXで大金持ち 完璧プラン」
相変わらずの欲を煽りまくるSPAならではのドギツイ構成。

サイバーエージェントFX、イーストヒル・ジャパン、FXクリエイト、マネースクウェアJ、すばる証券、上田ハーローFX、FXオンライン・ジャパン、マネーパートナーズ、かざか証券、NDCオンライン、ヒロセ通商、GMOインターネット証券 と計12社が掲載。

冒頭にも述べたとおりマネー3誌とも金商法施行絡みから出稿企業数がここ1年で見ても最低数に。

そんな中での“勝手クリエイティブ大賞”だが、今月はFX・CX分野ではないがマネックス証券の「ミニ株」(日経マネー・マネージャパン掲載分)に決定!

“値の高い株も、小分けにすれば手に入りやすいでしょ。”というキャッチとあわせ、マグロ:マグロの刺身=株:ミニ株を対比させて上手く表現。派手さはないが、巧みさあり

さて来月号は各社見極めながら出稿が戻ってくるだろうから、新しい基準でのクリエイティブ合戦に期待を寄せたい。

P.S.
FXクリエイトが広告やWEBの中で使っているような「キッチントレーダー」の様な安易すぎる後追い内容は、個人的に最も嫌いとするケース。全くセンスなし。ご参考までに。

Posted by cowboy at 15時49分

ページのトップへ ページのトップへ

更新通知[RSS]

RSS

検索


運営サイト

SemiNavi
FactualFutures
CFDNOW
ツイコモ
FOREX PRESS

最近の記事

カテゴリーリスト

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 F-BLOG All rights reserved.