F-BLOG / カウボーイの“我想う”

cowboy
2008 / 8
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PHOTO

廃業と品目別構成比率の変化など

廃業と品目別構成比率の変化など

2006年度商品先物ネット取引データ

2006年度商品先物ネット取引データ

レバ規制後の動向と魅了するApple

レバ規制後の動向と魅了するApple

12月7日に「第4回FX交流会」開催します!

12月7日に「第4回FX交流会」開催します!

iPhoneをいつもポケットに

iPhoneをいつもポケットに


2008年08月20日(水)

[ 商品先物 ]
先物業界:適正規模への収縮過程

商品取引員一覧・データ「一刀両断!」 において、営業・業績データの更新に先駆け、本日付で基本データ、取扱市場、社員・外務員推移について最新のものに差し替えました。

▼FactualFutures/商品取引員一覧・データ「一刀両断!」
▼商品先物業界:社員数・外務員数推移(2007-2008/当業等除く)


昔から知っているだけに取引員も少なくなったものだ、と思う反面、まだこの市場規模でこれだけあるのか、とも思う。社員数でみれば、1年で1万人から8300人、外務員数は7700人から6000人と約1700-1800人程度減少。

個別企業の増減については上記リンク先を見て頂くとして、100人以上減少となった企業はオムニコ(313人)、三貴商事(236人)、エイチ・エス・F(155人)、小林洋行(131人)、光陽FT(128人)、サンワード貿易(112人)とまあ納得の面々である。

画像(500x270)

商品先物市場に関する統計データと共にチェックあれ。

Posted by cowboy at 19時41分

ページのトップへ ページのトップへ

更新通知[RSS]

RSS

検索


運営サイト

FOREX PRESS
FactualFutures
SemiNavi
CFDNOW
ツイコモ

最近の記事

カテゴリーリスト

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 F-BLOG All rights reserved.