F-BLOG / カウボーイの“我想う”

cowboy
2009 / 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PHOTO

雇用統計イベント視聴数データとか

雇用統計イベント視聴数データとか

表面部分はよりシンプルに

表面部分はよりシンプルに

11年4月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

11年4月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

サイト売買・サイトM&Aなど

サイト売買・サイトM&Aなど

コモフェス:多くの参加申込み有難うございます

コモフェス:多くの参加申込み有難うございます


2009年11月30日(月)

[ 雑記 ]
デッド・キャット・バウンス考&ごま地蔵

さて、こちらで紹介した「デッド・キャット・バウンス」、会場で偶然(必然か?)出会ったこの方などこの方などと共に先週末に鑑賞してまいりました(場所はにしすがも創造舎)。

画像(495x135)

公演の内容は、観客から払われたチケット料金(招待客も結構いたが、、)でネット証券口座を通じロンドン証券取引所にリアルタイムに投資。1公演につき、1%の利益を出すことが目標。目標を果たした場合は利益を観客と山分け、というもの。

ちなみにこの日のチケット総額は237,564円(ポンド換算約£1,655)で結果は£10.54(約1,500円)の損失で終了。

まずこの公演を見て率直に思ったのは、進行が通訳を介しながら行われたため、スピード感や臨場感というものが時間差で全く失われ、公演として体をなしていなかったという点と、ロンドン市場での取引(銘柄)という少し現実感に乏しかったことが挙げられる。

では言語を日本語で(役者も日本人)、また日本市場でやればいいかというと今度はパフォーマンスの面で劣るだろうし、中々難しいそうではある。ただ逆に言えばその部分さえ日本向けにカスタマイズ&クリアできればいいわけで、もっと言えば株式よりも為替のマーケットで少しレバを利かせて売りも買いもやった方がパフォーマンスとしてはより面白く現実味(適している)があると思う(この公演は株の買いだけなので)。

画像(100x179)

ただ本当に公演自体はアイディアやヒントは満載で、以前参加した「dialog in the dark」と同じくよい経験の一つになりました。

また西巣鴨駅前の榮太郎さんで売っていた「ごま地蔵」(写真右→)はかなりカワイクて、久々にヒットです(^^) ふわふわの生地の中にごまあんとかなり甘めですが、とても美味しいです。


さあ、師走入りだ。

Posted by cowboy at 20時37分

ページのトップへ ページのトップへ

更新通知[RSS]

RSS

検索


運営サイト

FOREX PRESS
SemiNavi
ツイコモ
FactualFutures
CFDNOW

最近の記事

カテゴリーリスト

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 F-BLOG All rights reserved.