F-BLOG / カウボーイの“我想う”

cowboy
2017 / 6
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリーリスト

日めくりカレンダー

PHOTO

流れを作るか、追いかけるか。意識の違い

流れを作るか、追いかけるか。意識の違い

10年6月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

10年6月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

商品先物ブログランキング

商品先物ブログランキング

08年12月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

08年12月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

ジム・ロジャーズが語る商品の時代

ジム・ロジャーズが語る商品の時代


2016年02月01日(月)

[ ゴールド ]
GOLD4U:小橋建太コラボ 四天王プロレスコレクション発売開始!

昨年10月にスタートしたオリジナルインゴットカード作成サービス「GOLD4U」(ゴールドフォーユー。最上級のギフトを贈るという事をコンセプトに、新しく日本において金を贈るという市場を作りたいと思いはじめたサービスです。

▼GOLD4U:オリジナル純金インゴットカード作成サービス

スタート以来、幾つかのコラボレーション企画を展開していますが、ちょうど先週末からスタートした新しいコラボが「小橋健太 四天王プロレス」。

画像(500x186)

1990年代のプロレスを牽引した、「小橋健太」、「三沢光晴」、「川田利明」、「田上明」が、オリジナル純金インゴットカードで復活!各デザインには、「小橋健太、川田利明、田上明」の直筆サイン入りとなっており、当時をよく知るファンには堪らないコレクションだと思います。

小橋健太 × 三沢光晴 × 川田利明 × 田上明

プロレス四天王はプロレスにおいては、かつての全日本プロレスに入門しジャイアント馬場の愛弟子であった三沢光晴、川田利明、小橋建太、田上明の4人を指す。

四天王プロレスの特徴として、30分を越す試合時間、カウント2.9連続の攻防、ハードヒットする打撃、脳天直下式・高角度式の投げ技の多用、そうした大技を食らっても意識朦朧ながらすぐさま立ち上がり、相手に一撃食らわせてからダブルKO状態となる、などの試合形式は、従来のプロレス手法を覆すものであり、日本武道館を初めとする首都圏でのビッグマッチは毎回のように超満員の観客が詰め掛けた。

他にもプロレス系のコラボとしては、まさに"黄金"で繋がった初代タイガーマスクとのコラボカードも販売しています。

画像(500x186)

こちらは初代タイガーマスク、デビュー35年を記念して行った様々な黄金コラボレーションの1つで、この純金インゴットカードの他に、純金5キロを使用した「純金タイガーマスク」も制作し、多くのメディアを集めて後楽園ホールでお披露目会も行いました。そちらの映像は以下にて。

スタートしたばかりで、まだまだ無限の可能性があると思っています。

今年はこのラインでも色々と動いていくつもりです!

Posted by cowboy パーマリンク

2016年01月27日(水)

[ ゴールド ]
日本最大のジュエリー展「国際宝飾展 IJT」

先週後半は、日本最大のジュエリー展「第27回 国際宝飾展 IJT2016」へ取材で。こちらはゴールドの絡みもあって毎年取材させていただいていますが、他のマーケットを見ると、つくづく狭い視点でモノを見ていてはいけないという事を感じます。

▼DAIGO、ももクロ、吉田羊ら「日本ジュエリーベストドレッサー賞」受賞−第27回 国際宝飾展IJT2016

画像(500x343)

イベント運営者、出展者、参加者、カメラマンという、すべて自分にかかわる部分なので、その置かれている立ち位置での見方はもちろんそれぞれ異なってくる。カメラマンひとつとっても、その場所どりからスタンス、そしてアウトプット一つとっても様々で、結局のところ受動的か能動的かで全く違うわけで。

「想像の2つ先を」が自分のスタンス。それでやっと普通から頭が出るくらいなのだ。

Posted by cowboy パーマリンク

2016年01月13日(水)

[ ゴールド ]
ホントに知らないことだらけ

まだ大発会から2週目なのに、なかなかのドタバタぶり。色々と新しいことへのトライを繰り返していて解らないことだらけで大変ではあるけれど、なんでも初めはそうなので色々と模索しながら進めてます。

そうそう、近々GOLD4Uのサイトの方でも定期的にコラムなども書いてみる予定です。今現状国内のゴールド市場のことから、そのサービスを始めたきっかけ、はたまた活動情報まで、いろいろと。

▼GOLD4U-あなたの想いを、金(ゴールド)と贈る

画像(500x400)

線は繋がってきているので、あとはそれを上手く活かしていかなければと思う次第。

日々試行錯誤と視野を拡げること、そして楽しむこと。

Posted by cowboy パーマリンク

2016年01月12日(火)

[ ゴールド ]
金スポット探訪

週末はGOLDNEWSの取材を兼ねて奈良と京都の金スポットを探索。既に記事も挙げてありますので、こちらでもご紹介。

▼【箔画も展示】ロームシアター京都 開館記念式典・記念公演
▼【金箔張り】金魚の町・大和郡山にある「幸福(しあわせ)の金魚」

画像(500x328)

年初はもろもろ準備の時期。

Posted by cowboy パーマリンク

2015年03月16日(月)

[ ゴールド ]
ゴールドフェスタ2015&フォトコン&川柳

年明けからイベント4本に春にスタート予定の新規ラインのことなどがあり、またすっかり時間が空いてしまいました。丁度先週13日(金)からゴールドフェスタ2015の申込受付を開始しましたので、それにあわせてこちらも再開していきたいと思います。
▼年に一度の金の祭典「ゴールドフェスティバル2015」

画像(500x323)

FBの方で本日から連絡し始めたミニコラムをこちらでも掲載していきたいと思います。

【開催までのミニコラム-企画者の頭の中】

ゴールドフェスタ2015への道Vol.1:「ハコから入るホウです」

5/30のゴールドフェスタ2015の開催日まで、不定期更新ではありますが、本年度の構成にあたっての“企画者の頭の中”を少しづつ書いていこうかと思います。

まずはそもそも論の所になりますが、企画をどこから考えるかについて。

私は何かをしようとするとき、結構「ハコ」から考えるクチです。2012年は放射状の座席で電源付、そして赤色が印象的だった品川・コクヨホール、2014年は会場設備・ホワイエ動線・レイアウト構成が抜群だった品川・グランドホール、そして2015年度は去年新しくオープンしたよみうり大手町ホールの内見時に、次回はここでと思い、大体10ヶ月前には会場押さえに入ったくらいです。

会場選定にあたっては、キャパは勿論のこと、アクセス、ホワイエの広さ、会場動線などテクニカルなこともそうですが、もっとも重要なのは自分がそこでやってみたいか&使ってみたいかどうかという点だったりします。

そういう点でも本年度の会場のよみうり大手町ホールは、細かなことはさておき、ここでやってみたいと思いましたので、まずはハコからが起点となりました。

会場との打合せからわかったことですが、色々な展示を含めてホール両方を借りきって行う形はどうやらウチが最初の様で、細かな部分のすり合わせが今後あのホールの基準となる部分にも影響してきそうなので、使い手にとっても利用しやすい形になるようにお話を進めていってる感じです。

なにせいい会場なので、来ていただいただけでも「オオッ!」となるはず。

2階にある「箱根駅伝」展示スペースもおすすめです(^^)

▼ゴールドフェスタ2015公式サイトはこちら http://goldfes.jp/

Posted by cowboy パーマリンク

2014年02月18日(火)

[ ゴールド ]
ゴールドフェスタ2014からスタート!

かなり間をあけての更新となってしまいました。。タイトルの件、先週2月11日(火・祝)に「ゴールドフェスティバル2014」を開催させて頂きました。

▼ゴールドフェスタ2014開催レポート

画像(500x333)

前週末が大雪、そして当該週末がまた大雪と開催出来ただけでもホッとしておりますが、企画・構成者としては結果的に歩留りが想定を下回ったことが最大のミスでした。。昨年度のゴールドフェスタやスピンオフなどの経験則から今回も水準設定をしたわけですが、天候要因だけではなく、参加者データから判断するに、若年参加者層を考慮に入れていなかったことが、判断を誤った理由ともいえます。今後の改善に努めます。

イベント自体は、主催者目線ではなく俯瞰してみても、とてもよい形のものになったのではと思います。今回は男女比1:1、初めての参加が8割ということで、あくまで主旨としては「金について様々な角度から興味をもって頂く」という事がこのフェスのコンセプトですので、アンケートの反応をみるに概ね好感触でした。勿論、アクティブなユーザーにとっては、既に知っていることばかりで物足りない内容だったかもしれませんが、あくまでこのフェスは広いユーザーに対して照準を向けたものであり、絞った内容については、ゴールドフェスタ2014からスタートする様々な趣向のスピンオフセミナーで充実させて行きたいと考えておりますので、そちらでご興味のあるものがあれば是非ご参加頂ければと思っています。

そして今回はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」の取材・放送も入り、我々としても目指している方向の確認、そして幅広い層に伝えるメディアの関心を頂けた事は、まず一つの成果になったと考えます。

既に来年度はこうしようというアイディアも色々と浮かんできており、またこういった所と連携していきたいというのも見えてきましたので、参加者だけでなく、関連する全ての方が楽しんで、また実になる形を引続き模索していきたいと思っています。

画像(500x166)

そして今回イベントと連動し、以下3つの派生企画を実施しました。

▼ゴールド川柳〜あなたと金の2013年〜入賞作品発表(応募総数1549句)
▼第1回「ゴールドフォトコンテスト」入賞作品発表(応募作品284点)
▼共同調査レポート「日本人の金(ゴールド)に関する意識調査」


それぞれに今後の狙いがあって実施したわけですが、とてもよい内容・結果となり、企画者としても嬉しい限りです。

画像(500x444)

イベント当日には、上の写真の通り、ゴールド川柳特別審査員兼プレゼンターとして初代タイガーマスク 佐山サトル氏にも、入場テーマ曲にのって登場いただき、大いに会場を沸かせて下さいました。良い出会いに本当に感謝致します。

このフェスから2014年の年間を通したゴールドを軸とした様々な派生イベントがスタートします。

まずは4月に女性誌「CREA」と連動した女性限定セミナー、四国発開催となる「金×株×為替:スペシャリストセミナー in 高松」の2本を、GW明けの5月には私自身が暖めてきた(?)念願の落語×金融のコラボイベントも開催します。

最新情報はゴールドフェスタ公式サイト公式Facebookでお伝えしていきますので是非チェック下さい!


ご参加頂いた皆様、関係者の皆様、本当に有難う御座いました!

Posted by cowboy パーマリンク

2013年12月04日(水)

[ ゴールド ]
ゴールドマガジンVol.1 発刊しました!

以前より当欄でも少しご案内させて頂いておりましたが、金(ゴールド)の魅力を伝えるために、今年の春くらいから色々な所に取材に伺い、写真を中心に構成した、その名も「GOLD MAGAZINE」がやっとこ出来上がってきました。まずは関係各所に配る分だけの印刷、来週辺りから直接お届け&配送させて頂く予定です。そして年内でオーダーを承り、年明けに第一弾で大量印刷に入る流れです。

▼金の魅力を伝えるフォトマガジン「ゴールドマガジン」について
▼ゴールドに関する情報サイト「GOLDNEWS」

画像(500x375)

このゴールドマガジン、難しい内容は一切なしで、投資に関するお話もひとつものっていません。あくまで様々な金の魅力について知ってもらおう、というコンセプトだけで好き勝手に制作したマガジンです(自主発行です)。

なので、どこかに偏ることもなく、自由に構成しており、基本不変的な内容のみでの構成となっています。いかに一般の方が金に興味を伝えるか、そして気軽に読んでもらえるか、が根底にあります。

制作費はほどほどにかかっておりますが、まずは作りたいものを作る、というスタンスで

・ゴールドバーができるまで(三菱マテリアル直島精錬所)
・金箔ができるまで(金箔の街・金沢)
・金の舞(大駱駝艦)
・純金製品コレクション(信州ゴールデンキャッスル)
・金に魅せられた人(箔デザイナー 高岡愛さん)
・投資としての金(スタンダードバンク 池水雄一さん)
・金にまつわる物語(タイガーマスク専属マスク職人)
・金の基礎知識

というラインアップで全28ページです。

画像(500x400)

金塊から金箔、デザイナー、舞踏、ディーラー、タイガーマスクと一冊まるごと金(ゴールド)だらけ。我ながら、盛り沢山な内容でコンパクトにいいものができたなぁ、と思っております。

色々な所で配っていただけたら、そして配って頂ける様な構成となっていますので、もしご興味ある企業の担当者様はお声がけください。

【ゴールドマガジンへのお問合せは】
E-mail : goldnews.jp@gmail.com まで

Posted by cowboy パーマリンク

2013年11月25日(月)

[ ゴールド ]
ゴールドフェスタ2014、受付開始しました!

さて、先週末11/21(木)より募集開始となりました“金(ゴールド)の祭典”「トーキョーゴールドフェスティバル2014」、続々とお申し込みを頂いております。本当にありがとうございます。

▼金(ゴールド)の祭典「ゴールドフェスティバル2014」

画像(500x160)

昨年は初回ということもあって、まずは形作るために色々と考慮しましたが、今回は2年目ということで次のステージへ進むための仕掛けを幾つも盛り込んだ構成としています。

我々の生活の中において、金融というフィールド自体を考えると、金融業界の中で思っているほど、全く認知はなかったりします。如何にその外側の一般層に対してコンタクトラインを繋いでいくか、これが今後我々にとっても、金融業界全体にとっても非常に重要なことだと思います。

そういう点も踏まえ、種まきネタも盛り込んでいますが、まずは今回を形にすることが次に繋げるステップとなります。その為に如何幾つかの連携企画も同時に実施しています。

まずは、みんコモが実施、2回目となる

▼ゴールド川柳〜あなたと金の2013年〜

画像(468x60)
みんなのコモディティとゴールドフェスティバル運営事務局では、皆様の日常生活における「ゴールド(金)」にまつわる、ユーモア溢れる作品を募集します。多くの皆様からのご応募をお待ちしています。
テーマ
「ゴールド(金)」にまつわる5・7・5の川柳であればどんな内容でも構いません。
応募期間
2013年11月21日〜2013年12月20日
選考
「ゴールド川柳」運営事務局(株式会社想研、株式会社みんかぶ)
特別審査員兼プレゼンター:初代タイガーマスク(佐山サトル氏)

そして、もう一つはGOLDNEWSが企画する

▼第1回「ゴールドフォトコンテスト〜ゴールドな1枚、大募集!」

画像(468x60)
募集テーマは「金(ゴールド)、限りなき可能性」−あなたが思うゴールドな写真だったら何でもOK!ー

物質としてのゴールド、色(カラー)としてのゴールド、存在・象徴としてのゴールド、風景としてのゴールド、あなた自身が思うあなたなりの「金(ゴールド)」の写真を対象とさせて頂きます。日本国内・世界各地の素敵な、美しい、面白い、楽しい、不思議な、はたまた珍スポットまで、皆さんの想うゴールド な写真をお待ちしております。ケータイやスマホ、一眼レフなどデータで撮影したものであればOK!とびっきりの一枚をお送り下さい。

ゴールドフェスタ、ゴールド川柳、ゴールドフォトコンテスト。色々なチャネルで皆様の“ゴールド”へのご参加お待ちしています!

また構成にあたってのお話などは追って色々書いていこうと思っています。

Posted by cowboy パーマリンク

2013年10月31日(木)

[ ゴールド ]
ゴールド関連のご案内、フェス&再録レポ&マガジン

何やかやと慌ただしくしており、また大分間が空いてしまいました。昨晩少しご一緒だった小次郎講師からもプッシュを受けたので(^^; 久々に更新をば。といいながらも、告知することが幾つもあるので、本日はその辺りを。

色々な案件が並列して動いているのですが、その中でもまずは昨年12月に開催したゴールドフェスタ、第2回となる2014年度版のご案内から。

▼ゴールドフェスタ公式サイト

画像(500x163)

まだ頭出し程度となりますが、本年度は会場の関係などから来年2/11(火・祝)に開催いたします。来月11/21の申込受付開始に向けてこれから少しづつ情報を出していく予定です。内容モリモリですので、お楽しみに!

それと、今月10/5(土)に東京・品川コクヨホールで開催しました「金×株×為替:スペシャリスト対談+S」のタブロイド版再録レポートが上がっておりますのでこちらでもご紹介。

▼TheSeminarPress Vol.5:「金×株×為替:スペシャリスト対談+S」(PDF)

画像(499x291)

表面には特別ゲスト 時天空関とのトークセッションも掲載。参加できなかったかた、遠方の方も要点を押さえたこの再録レポートを見て頂ければその情報を共有できる様に、当方のイベントでは「The Seminar Press」と称して毎回こういった新聞を発行しております。

そして最後は間もなく発刊となる(あとは印刷のみ)、自主発行のゴールドに関するフォトマガジン「GOLD MAGAZINE」を少しご紹介。

画像(500x355)

こちらは目次のページですが、投資に関する内容は一切入っておらず、あくまで様々な金の魅力について知ってもらおう、というコンセプトで制作しています。そして先ほど自主発行マガジンと明記した通り、広告も一切無く、当方(GOLDNEWS)が好き勝手に作っている冊子ですので、どこかに偏ることもなく、自由に構成しています。投資のフィールドではなく、いかに一般の方が金に興味を持てる様にするか、また気軽に読んでもらえるか、が根底にあります。

他にも理由や目的は色々あるのですが、それも追ってこちらで書いていきたいと思っています。

久々更新はまずご案内を幾つかのみで。

Posted by cowboy パーマリンク

2013年08月06日(火)

[ ゴールド ]
金・ゴールドをめぐり各地を取材

先週末は秋口までには発行予定のGOLDに関するマガジンの取材で金沢・長野と取材に出ておりました。春先の三菱マテリアル・直島工場での金精錬過程、そして松本での金加工製品在庫日本一のSGC見学、そして今回金箔の街・金沢と金箔製造工程、及びインタビュー、長野で金粉ショーと「ゴールド」という切り口で我々でしか出せない軸で構成したいと思っています。しかし、本当に良いつながりでそれぞれご紹介頂けていることに感謝です。

▼GOLDNEWS:ゴールドに関する情報サイト

画像(500x220)

今回の取材先インタビューで雑談している際にもお話したのですが、各ジャンルのスペシャリストの特化とは異なり、もっと広い視点から「金」というものを見渡し、本当に様々な「金」の切り口を出して行ったり、そこをつなげて行ったりするのが我々の役割なんじゃないかと思っています。同じフィールドであり、同じフィールドではない所に自分達を置くことこそが、先方にとってもプラスとなる様に。

画像(500x220)

大駱駝艦「黄金の夏」

こちらの大駱駝艦の舞踏についてもGOLDNEWSをオープンする少し前に知ったばかりで、そこからぐんぐん魅力にとりつかれてきています。

▼<取材レポ>大駱駝艦、白馬村野外公演 『黄金の夏』 闇を彩る金の舞

「二面性」、今回の取材のインタビューでも度々出てきたキーワードですが、陽と陰、明と暗、光と闇、その対比を理解する、また奥ゆかしさで考えられることこそが、日本における「金」の魅力であったりするのかもしれません。

まだよく知らないからこそのメリットを生かして、自由に動いて行きたいと思います。

ノイズからの発展へ。

Posted by cowboy パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

F-BLOGオフィシャルブログ

商品先物ブログナビ
相場ドラゴステ
クラウディアの相場ドラゴステ
相場のポイントを捕えるコメント。
先物流儀
小次郎講師の先物流儀
先物業界の変化をいち早くお届け。
ネットCXニュース
★商品先物ネット取引ニュース
ネットCX最新サービスニュースを。

更新通知[RSS]

RSS

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

運営サイト

FOREX PRESS
CFDNOW
FactualFutures
SemiNavi
ツイコモ

スポンサードリンク


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 F-BLOG All rights reserved.