F-BLOG / カウボーイの“我想う”

cowboy
2006 / 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

カテゴリーリスト

日めくりカレンダー

PHOTO

公式一目均衡表チャート発表・説明会へ

公式一目均衡表チャート発表・説明会へ

雇用統計イベント視聴数データとか

雇用統計イベント視聴数データとか

総合テクニカル分析ツール発表会

総合テクニカル分析ツール発表会

ニフティサーブと確定申告

ニフティサーブと確定申告

8インチUSBモニターを試す

8インチUSBモニターを試す


2006年10月17日(火)

[ 外国為替 ]
FX取引アンケート結果公開

画像(160x160)

FX取引アンケート調査結果

ふぅ、10月はどうもデータ処理関係が一気に重なって結構ヘビーですが、本日はFOREX PRESSの方で「投資家向け外国為替証拠金取引アンケート調査結果」を公開しました。

▼投資家向けFX取引アンケート調査結果(2006年度)

当アンケートは矢野経済研究所主催、FOREX PRESS等が協力し7/27-8/1の5日間行った“現在FXの口座を開設している方を対象”の「投資家向け外国為替証拠金取引アンケート調査」の結果(公開は一部のみ)となります。

回答者数は453名となり、その属性はこちらからご確認いただけます。

まず今週は
01.外国為替証拠金取引を始めたキッカケ
02.外国為替証拠金取引を始めてからの期間

を公開、以後毎週2項目づつ、5週間にわたって順次公開していきます。

ご参考にどうぞ。

Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月16日(月)

[ 雑記 ]
FX業界概況、CX業界概況

さてFX業界においては証券組の参入が続々といったところで、今年参入組では大和証券、リテラクレア証券、ミスター証券、東海東京証券、フェニックス証券(小林洋行などから移管)、塚本証券、GMOインターネット証券、内藤証券というメンバー。これで10/16時点36の証券会社で取扱いがあり、全業者の約1/3まで比率が高まってきた。

その反面商品取引員は規制比率の絡み等から分社化の流れで15社程度まで減少(三井物産Fも11/1よりFXを分社化)。外為専業も既に業務廃止・停止(実質廃止のところも)を打ち出した所が幾つか、来年にかけて更にこの動きは鮮明になっていくだろう。

ところで商品先物業界はというと、業界全体は取組・出来高ともに減少傾向で原因究明?など今になって各所慌てだしている状況ですが、ネット取引だけに限ればペース的にはゆっくりですが順調に拡大傾向は続いている状況です。当たり前といえば当り前の結果となっているわけで、全てが“過剰”に作られていたものがカットされてきているだけで、当然それに見合った所まで業者数・人員も減らざるを得ない状況でしょう。

そういえば間もなくエイチ・エス証券も先物ネット取引(オリエントのASP)を開始か。もう殆どページは出来上がっている状況をみるとそろそろという感じ。

Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月12日(木)

[ 商品先物 ]
一目瞭然の「企業情報」項目を更新

画像(160x160)

さて昨日当欄で記載した件の内、一目瞭然の「企業情報(ディスクロージャー)」を2006年度版データで早速更新しました。

2005年度版と比較すると以前「社員数・外務員数推移」として取り上げたようにこの部分がかなり減少していること、そして思ったとおり「苦情・紛争・訴訟」件数が明確に異なっていますね。企業選択の際の検討項目の一つとしてご活用頂ければと思います。

また近々商品取引員一覧・データ「一刀両断!」のデータも全て更新します。

しばらくお待ち下さい。

Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月11日(水)

[ 商品先物 ]
トレード画面一覧も新設予定

アンケート調査も既に本日までに数社より返答がありましたが、サービス内容の方ではファイルの方にトレード画面を添付して頂く形に今回より変更しました。

以前より各社個別ページ(例:ひまわりCX)ではトレード画面を右上に表示させていましたが、視覚的な面からもより判断できるように表示画面サイズを倍にし、またランキング一覧の各社項目部分からも直ぐにトレード画面が見れる様にボタンを追加します。また比較項目の一つとして「トレード画面」というものを追加し、各社の画面を一ページで見られるようにもする予定です。

他にも幾つか考えている事がありますが、当面は各社サービス内容の修正&ランキング更新、そして会社情報を2006年度版に更新といった所がメインとなります。

Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月10日(火)

[ 商品先物 ]
06年度先物ネット取引データ調査

画像(160x160)

2006年度アンケート調査

さてトップでも記載の通り、本日10日(火)より2週間の期間で「2006年度商品先物ネット取引データアンケート調査」を実施、既に対象36社宛てにアンケートファイルを添付したメールを送信済です。もしアンケート未達の企業があれば、こちらまでメールでお問合せ下さい。

例年ですと5日前後から行っていたのですが、数値集計&連休の事などを勘案して本年はこの期間にしました。アンケート期間終了後には全データを集計、リストアップし、閲覧者がわかり易いように纏めます。また同時に各社のサービス内容を最新版に更新し、それを元にポイント配分、ランキングともに見直します。

どうぞよろしくお願い致します。


Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月05日(木)

[ 雑記 ]
車内広告に思う

さて本日は知人と電車の車内広告について色々と話をした。中づりは益々個性的?になってきており、最近一番目に留まったのが紅葉を組み合わせたお茶の広告(確か伊右衛門)。これは幾ら係るんだ?などと思いながらじっと見てしまう。他にも立体的なものなどそれぞれ趣向を凝らしており、本当のネクタイをつり革部分に取り付けたモビットのつり革広告も皆の視線&話題を集めていた。ちなみにそのネクタイを取ろうとしてみたのは私だけではないはず。(参考:車内広告

聞いたところでは山手線のビジョン広告などでは各駅の移動区間ごとに併せたクイズ形式のものなどあるらしく(私は見たことがないが)、多くの人がそのモニタに釘付けになっているとか。

まあ、密閉空間で特に満員などになってしまうと動かせるのは頭&視線位になってしまうわけで、その視聴率?はテレビCMどころではないかもしれない。

いずれ電子ペーパー的なものに車内広告も変わってくれば、例えば渋谷の手前では「渋谷にマッチした広告」「週末にはイベント絡みの広告」などといったロケーションマッチさせた広告なども行われてくるのだろうと想像される。

また週刊誌などのヘッドライン中心の広告も動的に表示され、ある一部分を露出させた上でそこから携帯で記事毎に課金購入させることといった連動部分もでてくるかもしれない。

この辺りのマッチ広告や連動性の技術はネット上の技術が大いに生かされそうだが、そういう風になっていくであろう車内を考えると可能性は大きそうと思う反面、何とも落ち着かない空間になっていくのかと思ったり。

こんな事を考えながら電車に乗ってみると新しいアイディアが生まれるかもしれません。

Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月04日(水)

[ 商品先物 ]
業者アンケート実施に伴うお知らせ

さて今月実施する「2006年度商品先物ネット取引データアンケート調査」は連休明けの10日に、対象取引員37社にアンケートメールを送信し、10/10-10/25の約2週間の期間で実施いたします。ただ、サービス開始直後のユナイテッドワールド証券についてはサービス内容アンケートのみとなります。

アンケート調査中も各社最新ニュースはこちらの「ネット取引ニュース!」ブログで掲載していきますが、期間中のポイント加算・ランキング修正などは行わず、アンケート終了後に一斉に全社修正いたしますので、その旨ご了承下さい。

どうぞよろしくお願い致します。

Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月03日(火)

[ 雑記 ]
ブログサービス利用動向

さて取引会社でも続々とコンテンツとして登場しているブログ関係、今日は違う側面からその利用動向について書いてみたい。

外部ブログサービスを利用している企業(livedoor,FC2,ココログ,amebloなど)はさておき、自社サイドで構築している所で最も多いのはやはりMovableType,TypePadといったところである。先日スタートしたトウフォレはnucleusベース(製作はスペースタグ)で私が知っている限り先物・為替では始めての利用かも。

個人的にココログ(typepad)、livedoor、FC2、MovableType、a-blogと使ってきたが、これは中に置くのと外に置くのと同様にそれぞれメリット、デメリット双方が当然あるためどこが、どちらが良いとはいえないが、カスタマイズという事を考えるとやはり外部サービスでは制限があるため内部型のMovableType等といった方がやはり有利ではある。管理面では外部の方が楽だろうが。

ただどれを使おうが重要なのは内容であり、取り組み方(目的)。

次回はその点にスポットをあてて書いてみようかと。

Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月02日(月)

[ セミナー ]
久々セミナーに参加

画像(180x135)

カウパレード-おでんくんver.

先週末は丸の内の丸ビルホールで開催されたトウキョウフォレックス主催の「インタラクティブフォーラム2006」に参加。そういえば昔トレイダーズ証券とトウフォレ上田ハーローの見学とセミナーなどを組み合わせた「見る、聞く、学ぶ、外国為替取引」といったテーマで企画・実施したのが懐かしい。

さて会場は300名強のキャパで参加者150-200名(関係者含む)といったところだったが、年齢層は結構高めで40-50代が中心といった感じ。スタッフは全社員参加?+イベントスタッフとかなり多し。

ちなみに私はセミナー等に参加したときは必ず最後列に座り色々と観察などしている。

セミナーについては時間の都合上1部しか見なかったが、海江田万里氏×木村佳子氏を交えたディスカッションはまあまあ面白かったが、ナビゲーターの仕切りがまずく、予定時間を30分以上もオーバー。ちらちら時計を見ながら進行していた割には、自らが進んで引き伸ばしていた感じ。オーバーした所で一言発しておけばよいのにそれもせず。そりゃ一部参加者が怒るのも無理ありません。

右の写真はカウパレードでの一枚。リリー・フランキーさんのおでんくんバージョンです。おでんくんはNHK教育で放映していますが、なかなかシュールで面白いですよ。

Posted by cowboy パーマリンク

2006年09月28日(木)

[ 雑記 ]
雑記なり

さて投資関連サービスなどを行っている企業も最近では大きく方向性を変えてきている所が多くなってきた。知り合いの所の幾つかも本年初旬からの株式市場の落ち込みの影響を受けたことで新たな方向性などを模索しているようで、当初の理念からは少しづつずれ始めてきたように感じる部分ある。

また逆にここにきて一気に攻勢をかけようとパワー勝負に出てきている向きもあったりと、昔から金融関連のサイト変遷などを見ている当方としては中々興味深い。ただいずれも昨年末から今年初旬に分岐点があったように感じる。

簡単にできることはそれだけ誰でもが入ってこれ易い環境というわけで、また昨今のBLOG、SNSなどだけを見ていても単純に技術レベルだけで競うならば同様のものは何とでもなってしまう状況である。

そういう事をわかっているかわかっていないかが、まずはサービスの「差」に繋がって来ると思うのだが。

雑文。

Posted by cowboy パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

F-BLOGオフィシャルブログ

商品先物ブログナビ
相場ドラゴステ
クラウディアの相場ドラゴステ
相場のポイントを捕えるコメント。
先物流儀
小次郎講師の先物流儀
先物業界の変化をいち早くお届け。
ネットCXニュース
★商品先物ネット取引ニュース
ネットCX最新サービスニュースを。

更新通知[RSS]

RSS

検索


運営サイト

SemiNavi
FOREX PRESS
ツイコモ
CFDNOW
FactualFutures

スポンサードリンク


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 F-BLOG All rights reserved.