F-BLOG / カウボーイの“我想う”

cowboy
2006 / 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

カテゴリーリスト

日めくりカレンダー

PHOTO

FX取引の動向と展望2008

FX取引の動向と展望2008

ミニミニコンビとタブレットからの世界展開

ミニミニコンビとタブレットからの世界展開

外してはならないこと、大事なこと

外してはならないこと、大事なこと

07年10月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

07年10月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

2012年3月期決算発表状況など

2012年3月期決算発表状況など


2006年10月31日(火)

[ 商品先物 ]
商品先物ネット取引37社最新ランキングを更新

さてトップやネット取引ニュースブログでもアップしてありますが、先日のサービス内容アンケートでの各社最新サービス内容をもとに、各社詳細ページを更新、及び全37社の最新レーティング&ランキングを掲載しました。尚、11/6に受託業務廃止のメビウストレードは対象外としてあります。

▼商品先物ネット取引37社レーティング・ランキング

併せて新たな比較項目として以下2項目を追加してあります。

ネット取引サービス概要
各社トレード画面一覧

またランキング一覧表の各社概要に「トレード画面」の項目を追加し、各社のトレード画面を別ウィンドウで表示させることが可能になりました。

画像(400x248)

各社の最新サービス内容をチェックしてみてください。

またFOREX PRESSの方では投資家アンケート結果第3弾として以下3項目を公開しました(回答者数453名)。

【05】普段、情報収集する際によく利用するもの
【06】頻繁に取引している店頭取引企業に対して、満足度を感じている点
【07】店頭取引企業の「機能面」「商品面」についての満足度

次回は11/8(水)に最後の3項目を公開予定。

Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月30日(月)

[ 商品先物 ]
アンケート回答企業は29社

さて「取引データ&サービス内容アンケート調査」ですが先週末にて未達分の連絡もありアンケート調査を締め切り、返答結果をトップや「一目瞭然2」でも掲載してあります。

アンケート回答企業は29社(サービス内容のみの回答も含む、エイチ・エス証券含む)、未返答・アンケート未回答企業は8社という状況。

各社サービス内容については内容チェック、レーティングを行い、11/1には最新のランキングを公表いたします。またそれに併せて新しい比較項目として「トレーディング画面一覧」を追加し、各社のトレード画面が簡単に見れる様にする予定です。

取引データについては現在集計中&ページ作成中ですので、こちらは今しばらくお待ち下さい(11/13前後の公開予定)。

アンケートへのご協力誠に有難うございました。

Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月26日(木)

[ 商品先物 ]
日経恒例?商品先物広告特集

さて先日25日の日経では恒例の?「商品先物広告特集」が組まれていた。

トップでは「信頼性高い市場を目指して」と法改正による変化などについて纏められているが、これに限らず業界の現状を書いた記事の殆どが「法改正による商取会社の投資家への勧誘が“慎重になった”」的な全くもって的外れな表現が本当に多い。まあそういう書き方でしか緩和できないのはわかるが。

ところで紙面の中で「商品先物投資家応援ナビ」のことも紹介されていたが、知り合いが携わっている事もあり、これについて今日は書いてみよう。

コンテンツとしては「先輩投資家の声」「業界関係者メッセージ」となったいるが、取引員などに協力を求め閲覧者誘導目的のバナーなどを張ってもらったりしているが、寧ろこういったコンテンツは業界各社にコンテンツとして使ってもらうべきであり、そういう風な露出&パーツなりを作るべきだと思う。ただ形だけ「こういうことをやっていますよ」というポーズをしても仕方ないわけで、より良いコンテンツをもっと作り出し供給するスタイルが一番あうと思うのだけれど。正直何の真新しさもないので。

他にも色々提案したいことはあるが、取引員サイドの顔も立てないといけない立場での製作ということもあり色々苦労も多いのも判るのでこの位で。

Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月25日(水)

[ 商品先物 ]
FX投資家アンケート結果第2弾ほか

さて本日で商品先物ネット取引データアンケート調査期間は終了、、、と行きたいところですが、「アンケート未達」とのご連絡を受けた企業があったため取りあえず今週末時点で締めてから集計に入りたいと思います。本日25日現在でトップ記載の通り25社より回答あり、ほか2社より返答のみあり。ということでこちらは暫く待ちの状態で、来週にはこちらのトップに返答状況まとめを掲載できるかと。

ところでFOREX PRESSの方では投資家アンケート結果第2弾として以下2項目を公開しました(回答者数453名)。

【03】外為証拠金取引の口座を開設している企業
【04】何社に講座を開いているか

次回は11/1(水)に2or3項目公開予定。

この所報告関係が多いですが、来月に入ればちょっと落ち着くかも。

Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月24日(火)

[ 商品先物 ]
商品取引員データ更新(2006年3月期)

画像(160x160)

取引員データを更新

近日中にトップでも掲載しますが「商品取引員一覧・データ“一刀両断!”」を2006年3月期のデータで全て更新・アップを完了しました。大きく更新したのは以下の3つ。

▼商品取引員基本データ(資本金・社員/外務員数など)
▼2006年3月期営業データ(預り・売買高・委託者数など)
▼2006年3月期業績(営業収益・当期損益など)

06年3月期データは前期と比較しても非常に興味深く、預り・売買高ともハッキリ明暗分かれた結果となっていますね。気になる企業があればディスクロージャー資料のチェックをしておきましょう。

さてネット取引データアンケートも明日で調査期間最終日、締め後各業者のデータを集計し、まずはレーティング・ランキング更新を行い、11月上旬に全データを公開予定です。

Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月23日(月)

[ 雑記 ]
携帯ナンバーポータビリティ制度いよいよ開始

さて携帯電話のナンバーポータビリティ制度(MNP)がいよいよ開始されるわけだが、事前のアンケート調査などによると大方の予想通り変更意向者の転出元はソフトバンクが一番多く、希望先はauが一番多いという結果のようである。ただ現実的には番号が変わらないけれど、メアドが変わることと、既に適用されている長期割引が引き継げないことなどがネックとなっているわけだが、後者については本日ソフトバンクが他社から引き継げるプランやネットの料金プランを適用した感じの「予想外割」など中々興味深い動きも出てきている。

しかし各社CMを見ても受ける感じは明確に異なり、ドコモが何とか流出を止めたい構成、auは完全に受け入れ余裕な構成、ソフトバンクは印象付け(インパクト)という感じだ。

各国の番号ポータビリティ利用の状況をみると、大体利用率は2-8%前後ということで、これをそのまま適用すれば180-720万人程度。まあ参考にはなりそうに無いが。

番号ポータビリティ対策

Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月19日(木)

[ 雑記 ]
Googleブログ検索&IE7など

画像(180x71)

Yahooの検索結果ページの表示が少し変わったり、また本日からgoogleがブログ検索(日本語版)をスタートとしたりと検索技術は日々進化し、また新しいものが生まれている。

早速ワードを色々入れて遊んでみたがテクノラティよりも全然良く、これから個人的なブログ検索はYahooとGoogleになるかと。さて、googleはやはり外せないので当方もブログURLやping設定などしてみる。

また「IE7正式版(英語版)」もリリースされ、日本語版は2-3週間後?にリリースという話もある。正直目玉とされているタブブラウジング機能とRSSフィード機能などは他の主要ブラウザで実装済でもあるのであまり興味はないが、HTMLの解釈部分については注目か。

Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月18日(水)

[ 商品先物 ]
市場が低迷?見方が違うかと

さて本日は「“商品市場の低迷を救うのは外務員”ある個人投資家のアドバイス」(SKYCOM)という記事を取り上げ少し。

何度も当欄で記載してきている事だけれど、これまでの市場構造は過剰(無茶苦茶)なセールスにより無理やり形成されていたものであり、その部分を無視した議論や対策を打った所で全く意味がないと個人的には考える。何か最近の取引所や協会などが発表しているコメント・記事などを見ていると、あたかも「今が異常」といった様な論調である。

今月号の先物協会ニュースでもとある取引員代表が対面営業の事について寄稿しているが、言うことは綺麗が行動が全く伴っていない企業が殆どである。

「先物(さきもの)」という言葉のイメージで“怖い・危ない”と言われるようになったのは別に市場のせいでも、商品設計が悪いわけでもなく、“ヒト”絡みである。

そういった部分を全く考慮に入れず、上手く委託者の立場や考えを都合の良いように表現しながら、必死に過去のままの業界を保とうとしている現状は流石に呆れる。

Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月17日(火)

[ 外国為替 ]
FX取引アンケート結果公開

画像(160x160)

FX取引アンケート調査結果

ふぅ、10月はどうもデータ処理関係が一気に重なって結構ヘビーですが、本日はFOREX PRESSの方で「投資家向け外国為替証拠金取引アンケート調査結果」を公開しました。

▼投資家向けFX取引アンケート調査結果(2006年度)

当アンケートは矢野経済研究所主催、FOREX PRESS等が協力し7/27-8/1の5日間行った“現在FXの口座を開設している方を対象”の「投資家向け外国為替証拠金取引アンケート調査」の結果(公開は一部のみ)となります。

回答者数は453名となり、その属性はこちらからご確認いただけます。

まず今週は
01.外国為替証拠金取引を始めたキッカケ
02.外国為替証拠金取引を始めてからの期間

を公開、以後毎週2項目づつ、5週間にわたって順次公開していきます。

ご参考にどうぞ。

Posted by cowboy パーマリンク

2006年10月16日(月)

[ 雑記 ]
FX業界概況、CX業界概況

さてFX業界においては証券組の参入が続々といったところで、今年参入組では大和証券、リテラクレア証券、ミスター証券、東海東京証券、フェニックス証券(小林洋行などから移管)、塚本証券、GMOインターネット証券、内藤証券というメンバー。これで10/16時点36の証券会社で取扱いがあり、全業者の約1/3まで比率が高まってきた。

その反面商品取引員は規制比率の絡み等から分社化の流れで15社程度まで減少(三井物産Fも11/1よりFXを分社化)。外為専業も既に業務廃止・停止(実質廃止のところも)を打ち出した所が幾つか、来年にかけて更にこの動きは鮮明になっていくだろう。

ところで商品先物業界はというと、業界全体は取組・出来高ともに減少傾向で原因究明?など今になって各所慌てだしている状況ですが、ネット取引だけに限ればペース的にはゆっくりですが順調に拡大傾向は続いている状況です。当たり前といえば当り前の結果となっているわけで、全てが“過剰”に作られていたものがカットされてきているだけで、当然それに見合った所まで業者数・人員も減らざるを得ない状況でしょう。

そういえば間もなくエイチ・エス証券も先物ネット取引(オリエントのASP)を開始か。もう殆どページは出来上がっている状況をみるとそろそろという感じ。

Posted by cowboy パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

F-BLOGオフィシャルブログ

商品先物ブログナビ
相場ドラゴステ
クラウディアの相場ドラゴステ
相場のポイントを捕えるコメント。
先物流儀
小次郎講師の先物流儀
先物業界の変化をいち早くお届け。
ネットCXニュース
★商品先物ネット取引ニュース
ネットCX最新サービスニュースを。

更新通知[RSS]

RSS

検索


運営サイト

SemiNavi
FOREX PRESS
CFDNOW
FactualFutures
ツイコモ

スポンサードリンク


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 F-BLOG All rights reserved.