F-BLOG / カウボーイの“我想う”

cowboy
2011 / 4
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリーリスト

日めくりカレンダー

PHOTO

仕事始め

仕事始め

サイト売買・サイトM&Aなど

サイト売買・サイトM&Aなど

たまには便乗、ドル円100円割れ

たまには便乗、ドル円100円割れ

変化に適応ではなく、変化を自らが作る

変化に適応ではなく、変化を自らが作る

FX取引アンケート結果公開

FX取引アンケート結果公開


2011年04月19日(火)

[ 雑記 ]
明確となる年度かな

さて、2011年度に入ってからもFX業界は営業譲渡や合併、そられに伴う商号変更などが相次いでいる。うち外資絡みはCMSがCMSジャパン全株式をAlpari(UK)に譲渡、またGCIキャピタルがFXCMジャパン全株式を米FXCM子会社ODL JAPANに譲渡といったところ。

▼商号変更・サービス終了・合併等による更新状況(2011年度)
▼商号変更・サービス終了・合併等による更新状況(2010年度)

しかし当局の今後の動向など聞いている限りでは更なる規制&監視で更にがんじがらめになるこの市場において、外資が得られるメリットなどは殆どなさそうに思うのだが、それを差し置いても日本市場は魅力を感じるのだろうか?

正直2段階目のレバ規制なんかよりも“ある意味業者にとっては痛い”ルールづくりが現在協議されているが、この落とし所次第では当業界のみならず幅白い部分に大きな影響が出ることとなろう(既に様々な変化が出てきている)。

そういう意味でも業者間の“差”が明確になりそうな年度かと。

P.S.
2つほど気になったサービスを紹介。

▼DTI:高速無線サービス > DTI ハイブリッドモバイルプラン
FOMA3G+公衆無線LANで2980円とイーモバよりエリアが広くオプションついて料金安という感じですねぇ。ふむぅ、WiMAX搭載でルータとしても使えるauのhtc EVO WiMAXと同じく気になる商品ですねぇ。ドコモも頑張らんかね。

▼Amazon.co.jp、プリント・オン・デマンド(POD)プログラムを開始
私も以前別のサイトで絶版となった漫画をPODで購入したことがありますが、Amazonが始めるとなると今後の展開に要注目です。またこれとは違いますが、週刊誌・週刊漫画雑誌などの電子書籍配信なども今年は加速していきそうですね。

Posted by cowboy パーマリンク

2011年04月18日(月)

[ 雑記 ]
チャレンジできる環境、体質か否か

さてCFD関連の整理をしようと思い、本日は各社のサービスなどをチェック、色々と検討を。どうするかねぇ。ちなみに現時点でCFD取扱い業者は28社で、うちコモディティ関連CFD取扱いは21社という状況(IB含む)。詳細は以下より。

▼CFDNOW!:「CFD取引業者一覧:属性・取扱い銘柄別リスト」
▼CFDNOW!:「CFD取引業者一覧:サービス詳細」

また海先についてもと思うが、既存のネット証券・商取会社ではまだ数社と(個人向けのみ)こちらもまだこれからか。

ところで、気にになったプロモーションがあったのでこちらでもご紹介。

▼MAGNUM:PLEASURE HUNT―ACROSS THE INTERNET

画像(500x250)

こちらの記事で取り上げられていて、早速やってみたのですが、いやはやこれは凄い(といっても技術的な面でという意味なので、本来の目的である広告という面ではちょっと違うかもしれません)。

色々なことが出来るのだなぁ、と思いながら、こういう企画にチャレンジできる参加企業のスタンスに個人的には着目したいところ。

Posted by cowboy パーマリンク

2011年04月14日(木)

[ ディーラー烈士伝 ]
ディーラー烈士伝 Vol.23 飯田和則行 氏アップしました

FOREX PRESSでは4月13日付で「ディーラー烈士伝」第23回をアップしました。

▼「通貨オプションとの出会いがすべて」飯田和則(いいだ・かずのり)氏

画像(150x100)

烈士伝第23回は、日商岩井や外資系銀行などで為替に携わり、現在はFXCMジャパンの副社長をされていいる飯田和則さんが登場。商社系ということでは第4回の久保田さん(伊藤忠)、第5回の高橋さん(伊藤忠)に次いで3人目となります。まず前編では生い立ちから日商岩井に入るまでの序章をお届けし、中編からはタイトルにもある通貨オプションとの出会いの話に入っていきます。

【飯田和則(いいだ・かずのり)氏プロフィール】
FXCMジャパン代表取締役副社長

1975年3月 明治大学政治経済学部卒業。1977年9月米国ネブラスカ大学大学院経済学修士課程修了。1978年4月 日商岩井入社。為替予約課長、為替ディーリング課長などベルギー駐在を含めてマーケット部門に従事。1999年チェース・マンハッタン銀行為替資金本部、2000年伊藤忠商事・為替証券部などを経て、2006年にFXCMジャパンに入社。2010年より現職。B型。

>>この記事の続きを読む

Posted by cowboy パーマリンク

2011年04月12日(火)

[ 雑記 ]
判らないものは判らない

ちょっと個人的に煮詰まり感がある今日この頃。スマートフォンやタブレットが徐々に浸透していく中、PCベースの在り方やユーザースタイルについてどういう住み分けになっていくのかが見えてこない。勿論自分自身は新しいデバイスを使っているので体感はしているのだが、使えば使うほど、旧来メディアの力を必要とする部分が大きいなぁ、と感じる次第。だからこそ今後の展開についての意見を求められた時もかなり考えてしまうんだが、判らない時は目の前のことをしっかり取り組んでいくしかない。判らないものは判らないのだから。といいながらも、やっぱりそわそわしてしまう自分がいたりも。

さて、そんな中気になるサービスとかが幾つかあったので久々に紹介など。

▼「音楽を聴く、共有する、見つける」君のラジオ。

君のラジオは心地の良い音楽体験を提供するブラウザ専用ウェブサービス。 好きなアーティストに関連する楽曲をYouTubeのビデオから試聴し、 履歴を残すことができます。また、友達がどんな音楽を聴いているのか? 似た趣味のユーザーはいるのか?が分かります。

シンプル過ぎる位だけど、これはいいなぁ。今回はバージョンアップしてソーシャルに対応である。で、バックで君ラジを動かしながらこれを書いている。

▼Twitter:日本のトレンドを提供開始しました

トレンドは、「今現在」「多くの人が」ツイートしている単語をリアルタイムで自動的に抽出する機能。

国、地域単位でツイートのトレンドを取得(日本は現時点では東京だけ)。国内でも都市毎が出来れば、また広告マッチングとかになるんでしょうね。あ、ちなみに「ツイコモ」でもトレンドに似た?形で「注目キーワード」というのをヘッダー部分でスクロールさせてます(ex.キーワード:コーン)。

画像(500x100)

▼気持ちを伝える、新感覚のTwitterクライアント「Feel On!」
▼つぶやきを大阪弁に変換して投稿するTwiiterクライアント「ツイるでぇ〜」

遊びな感じのTwitterクライアントを2つ。FeelOn!の方は何気に精度がよい。応用が効きそう。


空を見上げる。

Posted by cowboy パーマリンク

2011年04月11日(月)

[ 雑記 ]
東日本大震災から、はや1ヶ月

東日本大震災から今日ではや1ヶ月。震災後も連日余震は続き、本日も午後から立て続けに大きな余震と、都心でもこれだけ揺れて恐怖を感じるのですから、震源地近くの恐怖は想像を絶します。本当に被災地の方々を思うと胸が痛み、自分の無力さが情けなくもなります。

普段通り過ごし、身近なものを守るということも大切な事だと考え、出来る部分からの被災地への支援を行なってはいますが、先日の「関心の変化」でも書いている通り、時間の経過や日常の変化によって薄らいでいく関心をいかに自分が持ち続けられるか。こんなことを安全地帯にいるところの人が書くこと自体不謹慎なのかもしれませんが、本当に色々な事を考えてしまいます。

11日15時現在、この大震災による死者は1万3127人、行方不明1万4348人。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

Posted by cowboy パーマリンク

2011年04月07日(木)

[ 雑記 ]
満開の桜と街中での影

本日は出たり入ったりな日。満開となった桜を見ながら日本橋近辺を動きまわる。人々の顔を見ていると普段どおりな感じではあるが、至る所で閉店などが見られる様になってきた(震災の影響かどうかは分かりません)。

先日もとある幹線道路をチェックしていたところ、大型店舗だけでみても5件程度が姿を消していた。余震は大分おさまってきたとはいえ、首都圏の人々の行動スタイルは明らかに変化を見せており、ある側面では本当に必要なものとそうでないものが明確になった(との判断ができた)のではないかと思う。

まだまだ本当の意味での震災不況が表面化してくるのはこれからで、金融業界においても様々な面から影響が出始めることだろうと思う。

目の前にあることをしっかりと。

そして「出来ない理由を探すより、出来る方法を考える」。

本質。

Posted by cowboy パーマリンク

2011年04月05日(火)

[ 雑記 ]
関心の変化

さて、件の大地震が起こってからはや20日が過ぎた。首都圏を中心としたメディアの関心も、自らにとっても関係のある“フクシマ”に完全にスポットは移り、余震&気温上昇に伴い計画停電も収まってきたことから、少しづつ人の流れももどりつつある様に感じる。

人は忘れる生き物、とか、喉元過ぎれば何とやら、という様に単純に割り切れる問題ではないけれど、時間の経過と共に“それぞれの日常”へと目の前の事に関心は移っていく。

知人のブログに阪神淡路大震災を被災された方に伺った被災者に必要なもの(関心)の変化がまとめられていましたのでこちらでもご紹介させて頂きます。

▼これから行う二つの支援。(ファイナンシャルアカデミー代表ブログより)

最初の一週間 「ライフライン」に関わるもの。
食料、衣料、毛布、トイレなど、人間が生きて行く上で必ず必要になるもの。何よりもこれが最重要となる。
 
最初の二ヶ月 「住居」と「お金」
被災者はまだ、体育館で毛布に包まれた生活をしているのですが、
小物物資は大量に増え、食料は余り、もったいないほどアンパン、おにぎり等、が増える。
この時点での、被災者の関心は
「仮設住宅への移住」と「家の整理(=ブルドーザー)」とのこと。つまり、お金が必要になる。全国・全世界からの義援金が入るが、被災者数が多いと一人当たりが気薄になる。
 
六ヶ月以降  「自立できる環境」
被災者自身が自立する期間。このころになると、世の寄付、援助、関心、が激減するとのこと。
結局「ここから」が生存者にとっての「本当の復活」が始まる。私たちは本当に支援したいと思うのなら、ここまで支援を続けていかなければならない。

また「自粛」云々についても、これはそれぞれの“気持ち・心”の事なので、他人(ヒト)がどうこうできる問題ではない。自分自身でよく考え、判断すること。

結局、自分で決めたことでなければ納得できないのだから。

自分基準で。判断は他人に委ねるものではない。

Posted by cowboy パーマリンク

2011年04月04日(月)

[ 雑記 ]
新年度入り

さて、新年度入りです。

震災の影響などもあり、この年度替わりは落ち着いたものでした。FX業界においてはクリック証券→GMOクリック証券、MJ→外為ジャパンといった商号変更や合併&営業譲渡などが幾つかといった所です。詳細は以下より。

▼商号変更・サービス終了・合併等による更新状況(2011年度)

そういえばMJは外為ジャパンへの商号変更と共にWEB刷新したが、それにまぎれて口座、預かりなどの開示を非公開としてしまったのは残念な限り。昨年来都合が悪くなると非公開にする企業が幾つか。

ところで当方はといえば、とある企画絡みが徐々に進行中。

色々と考えるべき事も多し。

Posted by cowboy パーマリンク

2011年03月30日(水)

[ 雑記 ]
イーモバPocketWiFi GP01

さて、プリンタに不具合があったこともあって、久々にアキバ・ヨドバシに足を運ぶ。そうそう、現在使っているイーモバのD25HWの後継機となるGP01が3月に出たんだよな、と思ってまずはそちらからチェック。速度は約3倍、解約手数料、キャンペーン適用(1年間1570円引)、大容量電池パックプレゼントとトータルで考えても、現行のプラン・料金から変わらなく、また恐らく次の後継機も1年ペースで出るという想定から、早速機種変。

画像(500x157)

まだ都心ではスピードテストはしていないが、今のところ前のよりは2倍程度という感じ。auのケータイの様にデザリング機能がiPhoneもオープンになればと思うのだけれど(海外の様に)、ちょっと厳しそうなので、この辺りはドコモの新機種辺りで今後フォロー期待。

また近いうちに使用レポートしますね。

年度末。

Posted by cowboy パーマリンク

2011年03月29日(火)

[ 外国為替 ]
マネパ外貨両替・受取サービス記者説明会へ

昨日は夕刻よりお声がけ頂いたマネーパートナーズの新サービス記者発表会へ出席。同社が3月28日より京成トラベルサービスと提携して開始した「外貨両替・受取サービス」は、外貨で預託を受けている証拠金を100ドル&ユーロ単位で現金(紙幣)で出金できるサービスとなり、また現金を成田空港第1・第2ターミナル「京成たびるーむ」店舗内にて受け取れるというもの。

▼2011年3月28日より外貨両替・受取サービス開始、成田で受取も=マネパ
▼【会場レポ】「外貨両替・受取サービス」記者説明会まとめ(togetter)

画像(500x250)

他FX業者でも両替サービスを行なっている所もあるが、多くは1万ドル単位からであったり別途指定銀行口座が必要だったりする訳で利便性から見れば余り個人が使える様なものでなく、実需を必要とする法人関係が利用者の多くかと想像される。

また外貨宅配サービスも国内の銀行やトラベレックスといった所でもやっているが、こちらは銀行などで両替する時同様、ドルだと大体2円程度上乗せでマイナー通貨になると驚くほどのせられた交換手数料を必要とする。

1.両替コストが安く、2.単位が小さく、3.受取が便利、という点が個人利用としては(勿論個人に限らないが)ポイントとなる所で、まず両替コストについてはこれだと銀行などで両替する際の約1/10程度となる(この部分は他FX業者を利用した際も同程度となる)。

そして何よりも今回進んだことは取扱単位が100ドル・100ユーロ単位からとこちらも現行からかなりの小口化となったことと、それが空港で受け取れる様になったこの2点。

受取は今回成田第1・第2のみとなるが、説明会でもあったとおり、成田をクリアしたことで今後羽田ほか国際空港などでも受取指定箇所が増えてくことは間違いなく、また他社も同一サービスの提供をはじめて来ればそれぞれの項目においてサービス競争が働いてくるものと想像される。

ただあくまでこれは同社口座を持って取引する方向けのサービスであり、単体のビジネスラインとして考える事は難しいため、本当に両替コストの高い銀行などの壁を打破し、一般化するためには、こういったサービスの利用者が増え、FXをやらないかたにとっても「何かオカシイ」という部分を一般化させていかねばならない。

しかしながら取引先という関係やビジネス面での競合という部分もあり、銀行などへ真っ向勝負という形で大々的にアピールしづらい事情なども当然あると思われる為、まずは少しづつ認知度・利用度を高めていくと言ったところだろうか。

もどかしい部分もあるかと思うが、一歩踏み出せばまた次が見えてくるというもの。

Posted by cowboy パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

F-BLOGオフィシャルブログ

商品先物ブログナビ
相場ドラゴステ
クラウディアの相場ドラゴステ
相場のポイントを捕えるコメント。
先物流儀
小次郎講師の先物流儀
先物業界の変化をいち早くお届け。
ネットCXニュース
★商品先物ネット取引ニュース
ネットCX最新サービスニュースを。

更新通知[RSS]

RSS

検索


運営サイト

SemiNavi
CFDNOW
FactualFutures
ツイコモ
FOREX PRESS

スポンサードリンク


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 F-BLOG All rights reserved.