F-BLOG / カウボーイの“我想う”

cowboy
2011 / 12
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリーリスト

日めくりカレンダー

PHOTO

09年10月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

09年10月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

そうは思いませんか?

そうは思いませんか?

今月のマネー誌チェック

今月のマネー誌チェック

期待の遥か上へ

期待の遥か上へ

2010年度「商品先物ネット取引データ調査・分析結果」を公開

2010年度「商品先物ネット取引データ調査・分析結果」を公開


2011年12月29日(木)

[ 雑記 ]
2011年のFX・CX・CFD業界を振り返る

3月11日の東日本大震災から、本当に、本当に色々な事があり、考えさせられた2011年。それぞれがそれぞれの見つめ直す機会でもありました。

さて、本年最後のコメントという事で、FX・CX・CFDそれぞれを振り返って少しだけ。

まずFXから。昨年末「2010年のFX業界を振り返る」ではこう書きました。

キーワードとしてあげていた「幅」としては、連携による外貨受渡しや両替サービスなど幾つかの会社が力を入れはじめて来ており、また別のラインとしてはオプション絡みの商品などバリエーションが出てきました。ただ何よりも業界としてインパクトが大きかったのはやはりレバレッジ規制(第一弾)で、正にその前後で周辺含む業界全体の雰囲気がガラッと変わりました。そういう意味でも年初の信託義務施行、年末に決定した2012年からのFX税制一本化と併せて、正に大きな転換点となった年だったとも言えます。

それらを踏まえた上での来年の動向としては、前回同様の「幅」という事に加え、業者の再編・M&Aといった所がポイントになってくるのではと考えています。「為替」というキーワードで繋がる分野はまだまだ大きいだけに、もっともっとFXというシステムを上手く活かした“一般化”へのアイディアを期待したいところです。

ということでキーワードは“多様化”と“応用”で。

触れていた再編・M&Aについては、市場全体の大きな比率を持つ日本のマーケットに外資の参入が相次ぎ、あっという間に面子が揃った、という印象です。その中でも米FXCMが上場後、国内ではFXCMジャパンとODLが合併し、その後フォーランドフォレックスを買収し、更に触手を〜といった所です。再編等については来年加速化といったところでしょうか。一時は100社超あったFX専業も2011年末時点で30社になっています。

またキーワードとしてあげていた「多様化」と「応用」、自分が考えていたラインとは大きく異なって来ましたが、何よりも本年のTOPICは「自動売買系」、及び「バイナリーオプション」そして「スマホ」が一気に浸透し始めた年ともいえ、来年もこの流れが続くと思われます。但し、同一のプラットフォーム同士の競争はいずれ収斂して行くことは間違いないので、ユーザーとしてはその辺りを踏まえた上での業者選定をしていくべきかと。

そしてレバレッジ規制第2弾、2012年からのFX税制一本化とトピックは続きますが、金融業界に限らずネットを利用する企業にとって今後鍵になってくるのは「モバイル動向」なんだろうな、と思っています。2011年は一気にスマホの利用者数が増えた年であり、スマホサービスを提供する業者の中では3割超の取引を生み出すまでになってきています。いかにあのサイズのハコ・画面の中で利用できるものとして研ぎ澄まし特化するか、またより商品性をシンプルにし短い時間で手の中で完結させるか、という点でバイナリーには最も適したハコになってくるのでは、とも思っています。

ということでキーワードとしては続く“再編”と“手の中”としたいと思います。


>>この記事の続きを読む

Posted by cowboy パーマリンク

2011年12月26日(月)

[ 雑記 ]
2011年:取り組みを振り返る

2011年も残すところあと1週間。例年通り、今日は本年における自らの取組において少し記載し、次回はCX・FX・CFD業界を振り返る形で纏めてみるつもりです。

さて自らの取り組みとして大きな所では、ドットコモディティさんの協力をうけてコモディティ関連のツイートポータル「ツイコモ」を2月にオープン、そして年頭で「今年は少し積極的な立ち位置で色々な事を取り組んで行きたい」と書いた通り、イベント関係で9月にはコモディティ大交流会「コモフェス2011 in 東京」の企画・運営を、12月には「第4回FX交流会」の企画・運営をしました。

▼コモディティ市場の“いま”を知る。“ツイコモ”オープン!(2/2オープン)
▼東工・東穀・ラジオ日経共催「コモフェス2011 in 東京 開催レポート」(9/23開催)
▼FOREX PRESS・グッドウェイ共催「第4回FX交流会 開催レポート」(12/7開催)

色々な連携や多くの方との話などでやるべきこと、やらなければならない事が年後半にかけ明確になってきました。そして“意識”について大きく考えさせられた年で、これは自分自身のスタンス・行動においても変化が生まれてきている様に思います。歩みを止めると次の一歩を踏み出すのに倍以上の力が必要になります。

厳しい時にこそ、どう考え、何をするか。
またそれをどう捉えるかも意識次第。

熱。

Posted by cowboy パーマリンク

2011年12月22日(木)

[ マネー誌チェック ]
12年2月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

さて今月も「主要マネー誌チェック(FX・CX他)&勝手クリエイティブ大賞」を。ちなみに先月の大賞は三菱マテルアルの『I’m GOLD OWNER』でした。

[参考記事] 過去のマネー誌チェックはこちらから

早速主要3誌の内容と広告掲載企業をまとめてみます。2010年6月分のまとめから各社の広告のメインコピーも並べて表記しています。FXの出稿量は全31広告のうち11広告と3割強。

▼3誌の広告掲載種別【計31社(-9)】(株・投信12、225先物・OP0、FX11、CX1、CFD0、その他7)

日経マネー【12社(前月比-3)】(株・投信4社、225先物0社、FX4社、CX0社、CFD0社、その他4社)
ザイ【13社(前月比-5)】(株・投信5社、225先物0社、FX5社、CX1社、CFD0社、その他2社)
ネットマネー【6社(前月比-1)】(株・投信3社、225先物0社、FX2社、CFD0社、その他1社)]

>>この記事の続きを読む

Posted by cowboy パーマリンク

2011年12月20日(火)

[ 外国為替 ]
ソーシャル系ホリックとFXツール・シストレ・BO対応比較など

さて各運営サイトでのTwitter活用などに加え、自らもTwitterなりFacebookとかのソーシャルメディア系を利用している訳だが、個人ベースのものには一応自分なりの基準を決めた上で使っている。最近よく思うのは空いた時間に自然とそういうソーシャル系で埋めてしまっている事で、こりゃいかんなと。ここで何度も書いている通り、時間が有限である以上、その配分なり優先順位はとても大切な訳で、一昔前にあったPC見てたら仕事している気になっていたみたいなのが、今完全にそれがソーシャル系に置き換わっているケースが往々にあるな、という点。ワーカホリックならぬ、ソーシャル系ホリックとでも言おうか。

ただ周りの人を見ても薄々それがヤバイなと感じてきてる?のか単に飽きたのかしらないが、Facebookの利用度合いも数ヶ月に前に比べればTLの流れは半減以下位になってきている。ツイッターも同じ感じかな。

一旦引いてみてみる事は大切だと思う次第。


ところでFOREX PRESSでは先日FX業者一覧比較において「各種取引ツール&シストレ・バイナリーオプション対応一覧」ページを追加しました。このページではPC・ケータイ・スマホ・タブレットといった取引ツールへの対応状況から、急速に拡大しつつあるシストレ&場リナリーオプション関連の取扱についてまとめてあります。

▼FX取引業者:各種取引ツール&シストレ・バイナリーオプション対応一覧

画像(500x230)

商品系でもスマホ対応などがやっとこ出てきた感じですが、だいぶん先を走るFX業者のツールなどは参考にすべき所が多いと思います。

一度チェックあれ。

Posted by cowboy パーマリンク

2011年12月19日(月)

[ 雑記 ]
へつらわず率直に

今年も残す所2週間という状況の中、本日は朝からFX、CX、そしてサイト絡みの打合せを。いつも通り思い感じるままに沢山お話をさせて頂きましたが、へつらわず率直にあれやこれやといつも言わせて下さる方々には本当に感謝しています。まあ、その部分については色々と考える部分もあるのですが、それも長短それぞれ、自分自身がおかしいと思うことは極力しないように、というスタンスで(自然に)臨んでいます。

サイトにおいても手を入れなければという箇所が幾つもありますので、この年末年始での期間に修正・追加などを静かに行う予定です。

そして年末進行ということでFOREX PRESSでは年末年始のサービス対応時間などについてまとめてあります(取引所取引については共通ですので省いてあります)

▼【年末年始まとめ】各社営業・サービス対応時間など(1/19現在46社)

12/26、27、1/2、3あたりの日が各社差がありますので併せてチェックください。

それで気になったニュースを2つご紹介。

▼PeaTiX : だれでもチケット販売サイト | PeaTiX

リクルートがやっているATNDに似た形だけれど、結構サービスが細かい。この手のものはソーシャル系のアカウント必須だったりするので結構使えるユーザーカテゴリが絞られてしまうんだよね。IT、WEB制作系などにとってはとてもよいツールでは。

▼来年からマリオがルーブル美術館を案内する?–5000台の3DSを採用

国内でしっている範囲では、新江ノ島水族館がDSを使った館内ガイドツールとして利用可能ではあるが、あくまで自分のDSをもっていき、各ポイントポイントで情報を受信して見るというスタイル。

と思ってググッてみたら、大阪の海遊館でも同様のガイドが使われているらしい(2年前に行ったが、その時はなかった記憶が)。しかもガイド機能は自分たちで簡単に作れるのか。

▼自分で作るニンテンドーDSガイドとは?

考。

Posted by cowboy パーマリンク

2011年12月15日(木)

[ ディーラー烈士伝 ]
ディーラー烈士伝 Vol.31 荻野金男 氏アップしました

FOREX PRESSでは12月14日付で「ディーラー烈士伝」第31回をアップしました。

▼「情報を制するは為替を制す」―荻野金男(おぎの・かねお)氏

画像(150x100)

烈士伝第31回は、バークレイズ銀行で初めての日本人のチーフディーラーとなり、その後ゴールドマン・サックス、ミッドランド、HSBCと外資系の要職を渡り歩いた荻野金男さんが登場。まず前編では幼少期からキャタピラーを経てバークレイズに入行するまでを、中編ではバークレイズでディーリングにのめり込む様を、そして後編では脂の乗り切ったGS時代のエピソードやマーケットとの対峙、という流れでお届けします。
今回も読み進めるにつれワクワクしてきますよ(^^)

【荻野金男(おぎの・かねお)氏プロフィール】
グローバルインフォ株式会社 取締役
1974年、英国バークレイズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフィナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より現職。国内外の機関投資家と太いパイプを持ち、業界一の情報通との呼び声も高い。A型。

>>この記事の続きを読む

Posted by cowboy パーマリンク

2011年12月13日(火)

[ 雑記 ]
年末モードと平成24年度税制改正大綱

今週から一気に作業が年末モードに突入。午後から年末調整や支払調書関連の内職作業をしている横で恒例の掃除第一弾を。保管して置かなければならない書類等は別として、結構今年は処分しようと画策中。洋服もそうだけど2年位全く袖を通さないものはその後も殆ど着ないんだよね(稀に存在自体忘れているのがあるのでチェックも含めて)。

さて昨年の今頃は2012年1月より変更されることとなった店頭デリバティブの税制(FX税制の一本化含む)について、関係者とのミーティングなど色々とやり取りしていたのが思い出されます。先のFX交流会でも冒頭の挨拶で今井議員がその辺りの経緯や今後の働きかけについてお話されていましたが、金融全般みてもまだまだ課題は多い様です。

で、12月10日には平成24年度税制改正大綱が閣議決定。

▼‎平成24年度税制改正大綱(財務省/PDF)
▼平成24年度税制改正大綱における金融庁関係の主要項目について(金融庁)

チェックしておきましょう。

Posted by cowboy パーマリンク

2011年12月12日(月)

[ 雑記 ]
課題と手直しの先、商品業界スマホ対応2件

さて週末から本日にかけて先のFX交流会での主催関係者と反省会として色々お話。3年ぶりだった、また少し間口を広げたということもあって当初の想定数を大幅に上回る参加状況となった訳ですが、企画・運営元としては本当に課題が多く残る会でした。その半分位は会場関連による所であるので、この部分については今後コストと共に検討すればいいのですが、構成順序やご協賛頂いた企業への配慮・対応含めたオペレーションの面はかなり手直しが必要です。

次回はいつ頃になるか現時点ではまだ未定ですが、運営サイドとしてもその時点での最良のチームで展開・構成していければと思っています。大きく変化する一年でもあるでしょうから。

ところで商品先物業界では12月に入り立て続けに2件スマートフォンへの対応が発表されました。やっと来た!という感じですが、これを皮切りに各社とも対応が進んでいくことを願う次第。ちなみに岡地のはアプリ版ではなく、サイトをスマホに最適化させた形ですね。回線さえ問題なければ、アプリじゃなくともサイト最適化でもWEBアプリでも個人的には変わらないと思ってます。

▼【岡地】2/12付でスマホ対応版(最適化)「オアシス」提供開始
▼【東穀取】12月よりスマートフォン版「東穀アプリ」提供開始

あとはこれ。

▼Google マップに交通状況の表示機能、モバイルにも対応(Engadget日本版)

やっとこさ日本でも見れる様になりました。便利なり。

Posted by cowboy パーマリンク

2011年12月08日(木)

[ 外国為替 ]
第4回FX交流会、ご参加有難うございました!

昨晩に開催した「第4回FX交流会」は盛況のうちに終了致しました(188名の事前申込者に対し、一人の欠席者もなく全員が来場)。33社のFX取引業者のうち7社からは代表者の方も来られました。あちらこちらで再開を懐かしみ、また参加者リストを見ながら目当ての企業を探されたりと、それぞれの時間をそれぞれの目的で過ごされていた様です。主催者サイドとしては課題が多く残る会ではありましたが、参加された方からのメールなどを見ると概ね満足頂けている感じで、ホッとしております。以下本日付で公開した「開催レポート」です。是非会の雰囲気を感じて頂ければと。

▼FOREX PRESS:「第4回FX交流会 開催レポート」
▼グッドウェイ:「第4回FX交流会 開催レポート!」(動画あり)

画像(500x300)

また会の最後には上記の写真の通り、最後まで残られた方全員で記念撮影も行いました。しかし、93社188名と今回多くの方にご参加いただき本当に有り難い限りです。

また今後も定期的に開催していければと思っておりますので、その節はよろしくお願い致します。

有難うございました。

Posted by cowboy パーマリンク

2011年12月06日(火)

[ 外国為替 ]
第4回FX交流会、93組織188名の参加に

画像(180x180)

さて、11/2より募集を開始した「第4回FX交流会」、当初の想定数を上回る状況から急遽定員を180名まで増枠し、最終的に93組織188名の参加を頂ける形となりました。前回が53社105名の参加でしたので今回規模がかなり大きくなったなぁ、という印象です。お申込頂いた皆様、誠に有難うございます。

ジャンル別に見ると、取引所2社、FX取引会社33社、銀行・証券等5社、情報・ベンダー6社、システム等8社、報道・メディア等6社、関連企業31社となっています。

▼「第4回FX交流会〜FOREX MEETING2011」(主催:キャピタル・エフ、Goodway)
▼第4回FX交流会参加企業一覧(93組織188名)

ということでいよいよ明日の開催となるわけですが、これまでのFX交流会開催日やコモフェスしかり、どうも開催日には大きな変動やらニュースなりが出てきているので今回も注意注意。ということで交流会中にはスクリーンで常にマーケット状況を映しだしておこうと考えてます(^^)

それではご参加頂ける皆様、明日お会いしましょう!

Posted by cowboy パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

F-BLOGオフィシャルブログ

商品先物ブログナビ
相場ドラゴステ
クラウディアの相場ドラゴステ
相場のポイントを捕えるコメント。
先物流儀
小次郎講師の先物流儀
先物業界の変化をいち早くお届け。
ネットCXニュース
★商品先物ネット取引ニュース
ネットCX最新サービスニュースを。

更新通知[RSS]

RSS

検索


運営サイト

FOREX PRESS
CFDNOW
FactualFutures
SemiNavi
ツイコモ

スポンサードリンク


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 F-BLOG All rights reserved.