F-BLOG / カウボーイの“我想う”

cowboy
2016 / 1
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

カテゴリーリスト

日めくりカレンダー

PHOTO

FX取引規制アンケート調査結果公開

FX取引規制アンケート調査結果公開

08年9月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

08年9月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

今月のマネー誌チェック

今月のマネー誌チェック

「イーモバ買い増し」と「ルイーダ酒場」

「イーモバ買い増し」と「ルイーダ酒場」

実用性アリのTwitterReactions(Chrome)

実用性アリのTwitterReactions(Chrome)


2015年03月16日(月)

[ ゴールド ]
ゴールドフェスタ2015&フォトコン&川柳

年明けからイベント4本に春にスタート予定の新規ラインのことなどがあり、またすっかり時間が空いてしまいました。丁度先週13日(金)からゴールドフェスタ2015の申込受付を開始しましたので、それにあわせてこちらも再開していきたいと思います。
▼年に一度の金の祭典「ゴールドフェスティバル2015」

画像(500x323)

FBの方で本日から連絡し始めたミニコラムをこちらでも掲載していきたいと思います。

【開催までのミニコラム-企画者の頭の中】

ゴールドフェスタ2015への道Vol.1:「ハコから入るホウです」

5/30のゴールドフェスタ2015の開催日まで、不定期更新ではありますが、本年度の構成にあたっての“企画者の頭の中”を少しづつ書いていこうかと思います。

まずはそもそも論の所になりますが、企画をどこから考えるかについて。

私は何かをしようとするとき、結構「ハコ」から考えるクチです。2012年は放射状の座席で電源付、そして赤色が印象的だった品川・コクヨホール、2014年は会場設備・ホワイエ動線・レイアウト構成が抜群だった品川・グランドホール、そして2015年度は去年新しくオープンしたよみうり大手町ホールの内見時に、次回はここでと思い、大体10ヶ月前には会場押さえに入ったくらいです。

会場選定にあたっては、キャパは勿論のこと、アクセス、ホワイエの広さ、会場動線などテクニカルなこともそうですが、もっとも重要なのは自分がそこでやってみたいか&使ってみたいかどうかという点だったりします。

そういう点でも本年度の会場のよみうり大手町ホールは、細かなことはさておき、ここでやってみたいと思いましたので、まずはハコからが起点となりました。

会場との打合せからわかったことですが、色々な展示を含めてホール両方を借りきって行う形はどうやらウチが最初の様で、細かな部分のすり合わせが今後あのホールの基準となる部分にも影響してきそうなので、使い手にとっても利用しやすい形になるようにお話を進めていってる感じです。

なにせいい会場なので、来ていただいただけでも「オオッ!」となるはず。

2階にある「箱根駅伝」展示スペースもおすすめです(^^)

▼ゴールドフェスタ2015公式サイトはこちら http://goldfes.jp/

Posted by cowboy パーマリンク

2014年12月29日(月)

[ 雑記 ]
2014年度の振り返りと、2015年のトライについて

2014年、個人的には本当にあっという間に過ぎていった1年でした。振り返ってみると今年は2/11に開催したゴールドフェスタ2014を皮切りに、10イベントを実施。まずはその辺りから課題・展開について少しづつ。

画像(500x341)

ゴールドフェスタ2014

まずはイベント関連の軸である「ゴールドフェスタ」から。
▼ゴールドフェスタ2014開催レポート

開催日の前後の週が大雪で東京はパニックとなりましたが、何とかこの週は雪が振らず開催出来てホッとしたことをよく覚えています。内容的には俯瞰してみてもある程度のラインまではできたかなという実感と、来年に向けての取り組むテーマがその日に見えたことが一番の収穫かなと。ということで2015年度は5月開催を予定しております、お楽しみに。

画像(500x166)

コモディティ・フェシティバル2014&くりっくフェスティバル2014

そして今年は2011年の第1回から3年ぶりの開催となったコモディティの祭典「コモディティ・フェスティバル2014」、そして株×FXとして「くりっくフェスティバル2014」という2つの中規模イベントを企画構成・運営を行いました。

前者は東京商品取引所・大阪堂島商品取引所・日本商品先物振興協会共催とした業界一丸となったイベントで、雑誌で日経マネー、ラジオでラジオNIKKEI、WEBでロイターを絡めた構成としました。
▼コモディティ・フェスティバル2014開催レポート

後者は東京金融取引所主催とし、ストックボイスとロイターとをメインに据えて、こちらも雑誌で日経マネー、WEBでロイター、映像でストックボイスを絡ませた構成としました。
▼くりっくフェスティバル2014開催レポート

来年も開催できる様、更に新しい取り組みをそれまでに他のイベントでトライしながら考えていきたいと思っています。

画像(500x166)

お金×落語コラボ

そして今年は落語ファンとしては前からやりたかった「お金×落語」の試みをやっと実現できた年でもありました。

数年前に赤坂・草月ホールで花緑師匠の「外為裁き」という話を聞いた瞬間から、これをFXや金と絡めてやりたいと思っていて、ゴールドフェスタの後に外為どっとコムさんにサポートしていただき実現できました。参加してくださった皆さん、そして花緑さんや青銅さんはじめ事務所のスタッフの方もとても喜んでくれて単純に嬉しかったです。
▼「落語と為替とゴールドと」開催レポート

これ以降、10月のマネースクウェアさんでの当方構成の「ミッドスクウェア寄席」、サンワード貿易さんの50周年イベントの一環でもこの「外為裁き」が披露されることになりました。嬉しい広がりです。

そして10月にはゴールドフェスタ特別企画として、落語会の金の卵「立川志の春」さんを軸としたお金にまつわる噺を交えた「第1回ゴールド落語会」をいよいよ開催。こじつけ&公私混同と言われればそうですが、キッカケはどんな形でもいいかと思ってますし、公私混同こそ面白くなると考えています。
▼「第1回ゴールド落語会」開催レポート

そしてこの流れは当然2015年にも引き継がれていきますのでこちらもお楽しみに。

画像(500x194)

立川志の春 新書出版記念トークショー&落語会

ということで2015年の第1弾で決定したのがこちら。志の春さんが11/26に新しい本を出されたということを受けて、日経CNBCさんと出版社である星海社さんにご協力いただき、日経本社2Fにあるスペースニオにて1月28日(水)の夜に開催します。
▼『あなたのプレゼンに「まくら」はあるか?落語に学ぶ仕事のヒント』出版記念トークショー&落語会

企画構成者としても単純に楽しみなイベントです(^^)

画像(500x184)

片山晃(五月)×叶内文子のカブトーク

そして番組構成・プロデュースで携わらせて頂いているのが、1月から岡三オンライン証券でスタートする「片山晃(五月)×叶内文子のカブトーク」というWEBトーク番組。プレ放送ということで先週12/19の金曜日にニコ生で放送を行い、同じ部屋で聞いてましたが、客観的でも「想像以上に面白くなりそう」という感触です。いい意味で、普通のラジオ番組ではできない事を色々とトライしていければと思っています。

他にも2・3月実施の企画で決定しているのもありますが、こちらは年明け少ししてからの公開なのでまた改めてその時に。

画像(500x400)

ゴールドマガジンVol.1

そして2013年4月にオープンしたGOLDNEWSも1年を超え、全国各地・また海外のゴールドスポットを求め飛び回ったこともあってか、貴金属業界の機関誌の中で4ページのゴールドフォトコーナーも頂けたりしました。そして今年1月に発刊したゴールドに特化したフォトマガジン「GOLD MAGAZINE Vol.1」は13,500部配布いたしました。
▼【ご案内】金の魅力を伝えるフォトマガジン「ゴールドマガジン」について

その第2号は来春発行を予定しており、現在色々なところに取材を行っております。こちらも作り手として限りなき金の魅力をお伝えできる様によりマニアックな構成にしたいと思っています。お楽しみに!

ということで2015年も引続きトライな一年となります(それはこれからもずっとだと思います)。

魅力あるものを提供し続けられる様に、自らが好きなモノをとことん追求していきたいと思っていますので、引続きどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by cowboy パーマリンク

2014年11月05日(水)

[ 雑記 ]
お金×落語プロジェクト、そして株×FXな取り組み

コモフェスからまた少し間が空いてしまいましたが、最近の今後の展開などを色々と。

ゴールドフェスタ スピンオフ特別版として、10月23日(木)に日比谷コンベンションホールで「第1回ゴールド落語会:立川志の春独演会」を開催させて頂きました。

▼「第1回ゴールド落語会:立川志の春独演会」開催レポート

画像(500x178)

第1回ゴールド落語会

本年取り組むテーマの一つとして「お金×落語」を掲げていて、まず5月に外為どっとコムさんと「為替と落語とゴールドと」という機会を与えていただき、実はこの前の週にはマネースクウェア・ジャパンさんのミッドタウン40Fで「ミッドスクウェア寄席」というクローズドの落語会も企画させて頂きました。

▼[M2J]プレミアムカルチャーセミナー「M2Jミッドスクウェア寄席」

画像(500x178)

M2Jミッドスクウェア寄席

おかげ様でどの会も盛況となり、次への道筋も色々と見えてきました。まだまだこのラインはアイディアを捻りながら広げていきたいと思います。

そしてここから年内にかけては2つのイベントを予定しています。

まず一つ目は11月22日(土)に浅草橋ヒューリックホールで開催するくりっくフェスティバル2014「株×為替:投資戦略フォーラム」。ロイター&ストックボイスと連携した新しいモデルとなっています。こちら本当に多数のお申込を頂いており、本日で受付終了の流れです。

▼くりっくフェスティバル2014「株×為替:投資戦略フォーラム」公式サイト

画像(500x182)

くりっくフェスティバル2014

今回も日経マネー2014年11月号と連動し、本誌内に12ページの特集を組み、当日の来場者には本誌をお配りさせて頂く予定です。

これで今年はゴールドフェスタ、コモフェス、くりっくフェスと金・商品・FX&株と3つの中規模イベントを実施でき我らとしても取り組める幅が広くなってきたことは嬉しい限りです。

その後年内最後として12月4日(木)夜にはくりっくフェスタ スピンオフセミナー第1弾として「ウルフ村田の株・FX・商品 実践トレードセミナー in 東京」を東京金融取引所・大会議室で開催いたします。

▼ウルフ村田の「株・FX・商品 実践トレードセミナー in 東京」公式サイト

画像(500x178)

ウルフ村田の株・FX・商品 実践トレードセミナー

こちらは相場好きが集まったセミナーとなりそうで、企画者としてもとても楽しみな案件の一つです。11/3より受付開始しましたが、早くも多くのお申込を頂いておりますので、ご参加希望の方はお早めにどうぞ!


あとは来年2月の企画をいま2つほど詰めているところで、平行して全く別ラインの新しい取り組みも動き出しました。こちらは春くらいにはローンチできるでしょうか。お楽しみに!

取り急ぎ現状の報告と今後の予定まで。

Posted by cowboy パーマリンク

2014年09月26日(金)

[ 雑記 ]
コモフェス、無事終了いたしました!

今週9月23日(火・祝)に「コモディティ・フェスティバル2014」を開催させて頂きました。第1回が2011年9月23日でしたから、3年ぶりとなります。会場は当方お馴染みのソラシティ・ホール。ここもこれで大きなのは3回目ですね。

▼コモディティ・フェスティバル2014開催レポート

画像(500x364)

ゴールドフェスティバルと違い、今回はコモディティということもあって、色々なものをコモディティで揃えてみました。まずお茶は「コメ」で「にっぽん米茶」を、お菓子には「小豆」で「コモフェスオリジナルどら焼き」を、プレゼント抽選会には金・銀・小豆の賞品がズラリ。

画像(500x364)

こちらは第1部の住友商事グローバルリサーチ社長 高井裕之氏による「コモディティ市場の30年の変遷とこれから」というセッション。初めて高井さんにお会いさせていただき話を聞いた時に本当に面白くて、それに影響を受けて今回のチラシでも用いた「世界を動かすコモディティ」というキャッチを作ったほどです。
こういう場に登場されることはない方ですので、本当に感謝です。

画像(500x364)

そしてこちらは当F-BLOGでもお馴染み小次郎講師によるセッションの模様。やっと一緒にお仕事できました(^^) 打合せの段階から新しいことをやりましょう、という提案を受けて、今回は客席からの登場、そしてiPadカメラでの会場モニタ、コモフェスうちわ、そして敏腕エディターによる簡易ムービーと盛りだくさんでした。

画像(500x364)

さて、コモフェスも終了し、今度は10月23日にまた新しいトライとなるお金×落語のコラボ「ゴールド落語会」を開催いたします。第1回に登場頂くのは立川志の春さん。プロフィールは下に。

画像(350x496)
<立川志の春(たてかわ・しのはる)プロフィール>
大阪生まれ。幼少期を海外で過ごし、イェール大学を卒業後、三井物産に3年半勤務。しかし、2002年に師匠である立川志の輔の落語に感銘を受け、会社を辞めて志の輔師匠のもと落語家への道を歩むことを決意。

前座として8年半もの修業を終え、晴れて二つ目に昇進。一人前と認められ、さらに落語家としての腕を磨く傍ら、新作落語の制作、そして英語落語にも力を注いでいる若手の中でも注目の落語家。

2011年には初めてシンガポールで単独公演会を実施。続いて2012年にはSingapore International Storytelling Festival(SISF)にも、唯一日本人として招聘され、2013年・2014年もシンガポールで単独公演会を開催。

古典から創作、また英語落語までを手がける落語界の“金の卵”「立川志の春さん」の独演会として、お金にまつわる古典1席、志の春さん創作のお噺1席、英語落語もさわりをちょこっと、そして志の春さんのことを知る特別なトークセッションまで盛り沢山でお届けします。ゲストには金の専門家「池水雄一さん」も登場します。

そしてもう一つ11月22日にはまた新しい試みですが「株×FXのフェスティバル」も色々絡めて開催します。

こちらは来週早々にも告知&公開できるかと思いますのでしばしお待ちを!

Posted by cowboy パーマリンク

2014年08月07日(木)

[ 商品先物 ]
9月23日(火・祝)はコモフェスの日。

前回の投稿からまた少し間が空きご報告が遅れましたが、来月9月23日(火・祝)に御茶ノ水ソラシティホールにて『コモディティフェスティバル2014(略称:コモフェス2014)』を開催します。2011年9月23日に第1回を開催しましたのではや3年ぶりです。

▼コモディティフェスティバル2014(コモフェス2014)

画像(500x155)

第1回は取引業者を含めず、取引所・協会・ラジオNIKKEIをフロントとして、交流会を中心に構成しましたが、今回はこの3年間に積み上げたメディアとの連携の形を活用し、コモディティ全般の流れのある内容構成となっています。

9月23日当日の前、9月21日売の日経マネーには全14ページでイベントに連動したコモフェス特集が組まれ、また同日よりロイターWEB上ではコモフェス連動のWEB特集ページが1ヶ月に渡り公開されます。そしてイベント終了後は、ラジオNIKKEIにて当日のイベント&登壇者へのレポートを配信予定です。

当方の構成するイベントでは、規模よりもその開催した内容をその場だけでなく、メディアを介し如何に全国にその情報を拡散していくか、というアウトプットの部分をより重要視した構成となっています。

既に多数のお申込みを頂いておりますが、まだ1ヶ月半ありますので、ご興味ある方は日程をご調整頂き、是非参加頂ければと思います。

今回初お目見えの新しいツールなども現在作成中です(^^)

お楽しみに!

▼コモディティフェスティバル2014(コモフェス2014)

Posted by cowboy パーマリンク

2014年06月10日(火)

[ 雑記 ]
色々と新しいラインに挑戦中

さて、2月のゴールドフェスタ2014からスピンオフセミナーを4月中旬〜5月上旬にかけて3つ開催し、次は7月・9月のイベントに向けて準備を進めています。こちらでも紹介は遅くなりましたが、まずは開催レポをざざっとご紹介。

【開催レポート】
▼スピンオフ2014-Vol.1 CREA連携「女性のための貯“金”講座」(東京)
▼スピンオフ2014-Vol.2「これからどうなる!?金×株×為替」(高松)
▼スピンオフ2014-Vol.3「落語と為替とゴールドと」(東京&WEB配信)

画像(450x480)

見ての通り、今年は色々と新しいラインに挑戦中です。

そもそもですが、フェスは裾野を広げるための受け皿としての役割で、これまでリーチできなかった方々に対してどれだけ広げていくかということをベースに構成を行っています。そしてスピンオフは、それぞれテーマを絞り、それぞれの興味・関心のある部分に対して深めていくという位置づけです。

今後は更にテーマをフォーカスした少人数のワークショップ的なものを追加していき、それぞれの目的と住み分けを明確にしていければと思っています。

そして来月7月19日にはブラジルワールドカップを意識した形での「ブラジル×ゴールド」セミナーを開催。サンパウロ特派員を経て、日経アメリカ社社長・日経常務を務められ「ブラジルの流儀」という書籍も出されております和田さんにブラジルの現状についてじっくりお話いただきます。

▼スピンオフ2014-Vol.4「変貌するブラジル、不変のゴールド」(東京)

画像(450x175)

そして、9月23日(火・祝)には3年ぶりに「コモディティ・フェスティバル2014(略称:コモフェス)」を開催いたします!

こちらの情報も来月には公開していきますのでお楽しみに!

Posted by cowboy パーマリンク

2014年05月12日(月)

[ マネー誌チェック ]
14年6月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

さて今月も「主要マネー誌チェック(FX・CX他)&勝手クリエイティブ大賞」を。ちなみに先月の大賞は『該当なし』でした。

[参考記事] 過去のマネー誌チェックはこちらから

早速主要3誌の内容と広告掲載企業をまとめてみます。2010年6月分のまとめから各社の広告のメインコピーも並べて表記しています。FXの出稿比率は全34告のうち12広告の35%。

▼3誌の広告掲載種別【計34社(-2)】(株・投信18、225先物・OP0、FX12、CX0、CFD1、その他0)

日経マネー【9社(前月比0)】(株・投信5社、225先物0社、FX2社、CX0社、CFD1社、その他1社)
ザイ【16社(前月比-2)】(株・投信6社、225先物0社、FX8社、CX1社、CFD0社、その他1社)
ネットマネー【9社(前月比0)】(株・投信7社、225先物0社、FX2社、CFD0社、その他0社)

まずは出稿比率グラフから。2012年9月号で株の出稿数がFXを上回り、昨年12月号でここ4年の出稿数ワースト2をつけてから反転後ピークを付けて、また低迷中という感じです。

画像(500x315)

>>この記事の続きを読む

Posted by cowboy パーマリンク

2014年03月22日(土)

[ マネー誌チェック ]
14年5月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

さて今月も「主要マネー誌チェック(FX・CX他)&勝手クリエイティブ大賞」を。ちなみに先月の大賞はインヴァスト証券の『サラリーマン金太郎 為替ウォーズ』でした。

[参考記事] 過去のマネー誌チェックはこちらから

早速主要3誌の内容と広告掲載企業をまとめてみます。2010年6月分のまとめから各社の広告のメインコピーも並べて表記しています。FXの出稿比率は全36広告のうち12広告の33%。

▼3誌の広告掲載種別【計36社(+1)】(株・投信23、225先物・OP0、FX12、CX0、CFD1、その他0)

日経マネー【9社(前月比0)】(株・投信6社、225先物0社、FX2社、CX0社、CFD1社、その他0社)
ザイ【18社(前月比+1)】(株・投信10社、225先物0社、FX8社、CX0社、CFD0社、その他0社)
ネットマネー【9社(前月比0)】(株・投信7社、225先物0社、FX2社、CFD0社、その他0社)

まずは出稿比率グラフから。2012年9月号で株の出稿数がFXを上回り、昨年12月号でここ4年の出稿数ワースト2をつけてから反転、という状況。NISA絡みの企画出稿も一段落しいつもの面子に。

画像(500x315)

>>この記事の続きを読む

Posted by cowboy パーマリンク

2014年02月18日(火)

[ ゴールド ]
ゴールドフェスタ2014からスタート!

かなり間をあけての更新となってしまいました。。タイトルの件、先週2月11日(火・祝)に「ゴールドフェスティバル2014」を開催させて頂きました。

▼ゴールドフェスタ2014開催レポート

画像(500x333)

前週末が大雪、そして当該週末がまた大雪と開催出来ただけでもホッとしておりますが、企画・構成者としては結果的に歩留りが想定を下回ったことが最大のミスでした。。昨年度のゴールドフェスタやスピンオフなどの経験則から今回も水準設定をしたわけですが、天候要因だけではなく、参加者データから判断するに、若年参加者層を考慮に入れていなかったことが、判断を誤った理由ともいえます。今後の改善に努めます。

イベント自体は、主催者目線ではなく俯瞰してみても、とてもよい形のものになったのではと思います。今回は男女比1:1、初めての参加が8割ということで、あくまで主旨としては「金について様々な角度から興味をもって頂く」という事がこのフェスのコンセプトですので、アンケートの反応をみるに概ね好感触でした。勿論、アクティブなユーザーにとっては、既に知っていることばかりで物足りない内容だったかもしれませんが、あくまでこのフェスは広いユーザーに対して照準を向けたものであり、絞った内容については、ゴールドフェスタ2014からスタートする様々な趣向のスピンオフセミナーで充実させて行きたいと考えておりますので、そちらでご興味のあるものがあれば是非ご参加頂ければと思っています。

そして今回はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」の取材・放送も入り、我々としても目指している方向の確認、そして幅広い層に伝えるメディアの関心を頂けた事は、まず一つの成果になったと考えます。

既に来年度はこうしようというアイディアも色々と浮かんできており、またこういった所と連携していきたいというのも見えてきましたので、参加者だけでなく、関連する全ての方が楽しんで、また実になる形を引続き模索していきたいと思っています。

画像(500x166)

そして今回イベントと連動し、以下3つの派生企画を実施しました。

▼ゴールド川柳〜あなたと金の2013年〜入賞作品発表(応募総数1549句)
▼第1回「ゴールドフォトコンテスト」入賞作品発表(応募作品284点)
▼共同調査レポート「日本人の金(ゴールド)に関する意識調査」


それぞれに今後の狙いがあって実施したわけですが、とてもよい内容・結果となり、企画者としても嬉しい限りです。

画像(500x444)

イベント当日には、上の写真の通り、ゴールド川柳特別審査員兼プレゼンターとして初代タイガーマスク 佐山サトル氏にも、入場テーマ曲にのって登場いただき、大いに会場を沸かせて下さいました。良い出会いに本当に感謝致します。

このフェスから2014年の年間を通したゴールドを軸とした様々な派生イベントがスタートします。

まずは4月に女性誌「CREA」と連動した女性限定セミナー、四国発開催となる「金×株×為替:スペシャリストセミナー in 高松」の2本を、GW明けの5月には私自身が暖めてきた(?)念願の落語×金融のコラボイベントも開催します。

最新情報はゴールドフェスタ公式サイト公式Facebookでお伝えしていきますので是非チェック下さい!


ご参加頂いた皆様、関係者の皆様、本当に有難う御座いました!

Posted by cowboy パーマリンク

2014年01月30日(木)

[ マネー誌チェック ]
14年3月号マネー誌チェック&勝手クリエイティブ大賞

さて今月も「主要マネー誌チェック(FX・CX他)&勝手クリエイティブ大賞」を。ちなみに先月の大賞はIG証券の『○○氏の本音/発見シリーズ』でした。

[参考記事] 過去のマネー誌チェックはこちらから

早速主要3誌の内容と広告掲載企業をまとめてみます。2010年6月分のまとめから各社の広告のメインコピーも並べて表記しています。FXの出稿比率は全44広告のうち13広告の29%。

▼3誌の広告掲載種別【計44社(-3)】(株・投信20、225先物・OP0、FX13、CX4、CFD2、その他6)

日経マネー【14社(前月比0)】(株・投信4社、225先物0社、FX3社、CX3社、CFD1社、その他3社)
ザイ【19社(前月比-4)】(株・投信9社、225先物0社、FX8社、CX1社、CFD0社、その他2社)
ネットマネー【11社(前月比+1)】(株・投信7社、225先物0社、FX2社、CFD1社、その他1社)

まずは出稿比率グラフから。2012年9月号で株の出稿数がFXを上回り、昨年12月号でここ4年の出稿数ワースト2をつけてから反転、という状況。NISAに絡んだ先々月の50広告超えから一段落。

画像(500x315)

>>この記事の続きを読む

Posted by cowboy パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

F-BLOGオフィシャルブログ

商品先物ブログナビ
相場ドラゴステ
クラウディアの相場ドラゴステ
相場のポイントを捕えるコメント。
先物流儀
小次郎講師の先物流儀
先物業界の変化をいち早くお届け。
ネットCXニュース
★商品先物ネット取引ニュース
ネットCX最新サービスニュースを。

更新通知[RSS]

RSS

検索


運営サイト

SemiNavi
CFDNOW
FactualFutures
FOREX PRESS
ツイコモ

スポンサードリンク


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 F-BLOG All rights reserved.