F-BLOG / カウボーイの“我想う”

claudia
2018 / 2
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

更新通知[RSS]

RSS

最近の記事

カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

スポンサードリンク


2018年02月22日(木)

[ 雑記 ]
尻尾に振り回される胴体

本日の日経平均は、FOMC議事録要旨を受けた長期金利の上昇を嫌気した米株式続落を受け反落となった。このところの戻りで日経平均VIは週明け2週ぶりの低水準となったが、
半値戻しを達成したDOWのVIXは火曜日から再度20を超えてきておりまたぞろ警戒感が台頭する気迷いの景色となっている。

このVIXに絡んでは週明けの日経紙・オピニオンで「誰もがそれをやっていた」と題し、二月に入り世界の株式市場を動揺させた突風の正体も一寸前まで多くの投資家に適温の湯加減を楽しませた金融取引であり、ディズニー映画のファンタジアに似せてその騒動の様が書かれていた。

空前の低利回りが世界を覆い株式市場は波音一つ立てないと大多数の投資家が抱いていた背景から変動率の売りを組み込む金融取引はここ数年で急速な拡大を見せたが、先の当欄でも書いたようにインバース系の商品の中には一晩で9割以上の価値が消滅するモノが世界中で続出し、直近ではこのVIXが不正操作されていたとの告発がSECに為される等のオマケ付きだ。

しかしこの現象、かつてのサブプライムローン絡みの証券化商品然り、「天災は忘れたころにやって来る」を痛感したその後2011年の東日本大震災時のオプション市場でのセルボラパニック然りで何度もその阿鼻叫喚な光景を見て来た筈なのだが、少なくともやはり個人が投資で保険会社の真似をするのは応分の覚悟を持って取り組むべきだろうか。

Posted by claudia パーマリンク

2018年02月20日(火)

[ 雑記 ]
コードはRACE

本日の日経紙企業総合面には「フェラーリ、変革に媚びず」と題して、イタリアの高級車メーカー、フェラーリが今月発表した17年12月期決算で売上高が前期比10%増、調整後営業利益が23%増と所謂富裕層の絶大な支持を得て同業他社比でも突出した好調ぶりの様子が出ていた。

当然乍ら株価の方もこれに連動して上昇率もまた突出しており16日には上場来高値を更新、3年前に上場し16年から直近までの上昇率もまた同業他社を遙かに凌ぐ2.2倍の上昇率となっている。日本で年間僅か数百台の販売台数の会社の時価総額がそれこそスズキやスバルとほぼ同じというのも、やはりオンリーワンの存在で他とは一線を画しているのに他ならない。

同紙では創業70周年イベント競売のコメントで自動車ジャーナリストがもう二度と手に入らないの焦りが価格を吊り上げていると出ているが、差し詰めこの辺は値崩れするどころか中古でもモノによっては新品購入価格以上で幾らでも引き取ってもらえるエルメスのケリーやバーキンに通じるものがある。

今年は史上初めて9,000台超を販売する計画というが、同社会長は5年前には短期的な販売台数よりブランド価値の維持を優先するため生産抑制の姿勢を明確にした経緯がある。ブランド構築に勝負を賭け海外展開に打って出る本邦勢も多いが、変革に媚びない姿勢とは何か同社から学ぶべき点は多い。

Posted by claudia パーマリンク

2018年02月19日(月)

[ 雑記 ]
ワンツーフィニッシュ

周知の通り冬季五輪第9日の先週末はフィギュアスケート男子の羽生選手が優勝、今大会の日本選手団に最初の金メダルをもたらしたが五輪連覇は66年ぶりの快挙、更に翌日にはスピードスケート女子500で小平選手が五輪新記録を叩き出し日本女子に初めての金メダルをもたらす快挙となったが、これでメダル数は最多であった長野五輪の10個に並んだ。

毎度のことながら大会前のTV等でのメダル獲得予想など下らない下馬評合戦には辟易する思いだが、実際に五輪出場が危ぶまれる怪我を見事に乗り越えて掴んだ羽生選手の二連覇や、三度目の挑戦で悲願の金メダルを掴んだ小平選手の姿を見ているとやはりその背景を想うに感動もひとしおである。

ところで五輪といえばやはりマーケットもその関連が取り沙汰されるが、夏季に比べるとこちらは今一つ盛り上がりに欠ける印象が強い。昨年から各所で関連銘柄は取り沙汰されていたが実際にこれまで家電や旅行関連が物色対象になる一方で、出場選手の所属企業やスポーツ用品関連は伸び悩むなど明暗が分かれている。

この辺に絡んでは先週末の日経紙でも「冬スポーツ熱よ再び」と題し、ピークの3割を切るまでに落ち込んだウインタースポーツの参加人口が平昌五輪でのメダルラッシュで再びウインタースポーツの盛り上がりなるかどうかと出ていたが、株式マーケットではまだ反応が鈍いものの今大会が市況回復の契機となるか否かそんな視点でも後半戦に注目しておきたい。

Posted by claudia パーマリンク

2018年02月15日(木)

[ 雑記 ]
義務チョコ

さて、昨日はバレンタインデーであったが、今年もまた平日という事で世の殿方は改めて自信の評価が浮き彫りになる日だったか。とは言うものの近年は軽いお歳暮の如く義理チョコがその地位を確立しまたそれを全面に謳った商品も続々登場しており、恋愛イベントとしての重要性は総じて薄れてきているのは否めないところ。

ところで義理チョコといえば先週月曜日の末尾でも一寸書いたが、あのゴディバが今月始めの日経紙にて「日本は、義理チョコをやめよう」と題した全面広告を出し結構な話題になっていた。社長曰く義理人情や義理堅いのは好きだが、時間がかかるとか皆がやっているとかそれは本来の義理ではなく違和感があり、あげる人がハッピーではないと意味がないという事らしい。

バレンタインデーを控えた一番の書き入れ時にこの奇を衒った全面広告はなかなかのインパクトであったが、最近では年末に大人気の日本酒・獺祭が「お願いです。高く買わないでください。」と希望小売価格と正規代理店を記載した意見広告を出していたのも話題になるなどこの手の動きがけっこう出て来るようになって来た。

今から9年前の当欄で私は「奇異なる日本のValentine’s Day」と題し、「〜そもそも欧州等でバレンタインデーといえばお互いに思い思いの品を交換したりするのが普通で寧ろこの日本独特の習慣は以前からかなり奇異に見られていたのが事実。さて、次第にこの辺も国際標準の道を歩むのであろうか?」と書いたが、漸くというか商戦略から生まれた独自文化の過度な逸脱へ国際標準の視点から問題提議が為された感がある。

Posted by claudia パーマリンク

2018年02月13日(火)

[ 雑記 ]
銀座プライド

この連休中日比谷方面に出掛けたが、銀座エリアに入る通りで泰明小学校を通り過ぎた際にこの小学校の制服を今年からアルマーニにするとの決定を巡って先週から俄かにザワついているニュースを思い出した。制服が一式揃えると約9万円と従前より高価になるという点や、一連の通達が急遽行われたのが物議を醸し出しているが要は公立というところが論点か。

同校の校長曰く、ビジュアルアイデンティティー育成はこれからの人材を育てる事に不可欠である服育という重要な教育の一環というのが持論のようだが、能書きは兎も角も保護者への周知徹底が甘かったに尽きるか。結局は採用を変える考えはないとの事だが、年齢を考えるに自身が退く前に有終の美となるべく何か語り継がれるようなものを成し遂げておきたかったのかも知れぬ。

そんな背景から制服をアルマーニにしたというのはインパクト大だが、これにしても同ブランドのみが前向きの商談だったのかも知れないものの、校長の言うように銀座の街の子どもになる自覚と言うのなら昔から銀座に根付いている老舗の英国屋とか、ジャスダックにも上場している山形屋等の選択肢の方が説得力もあっただろう。

この件の否定派は公立という観点から意見している点で共通しているものの、泰明入れたさに特認校抽選枠をわざわざ狙う動きも少なくは無く或る意味私立の色が無いと言えなくも無い。公立の概念を取り払ってしまえばそれこそアルマーニ一式が9万円で揃うなら破格の安さであるし、親は勿論子どももこれがいい思い出になるかも知れずこの制服着たさに同校を志望する向きも出てくるのは想像に難くはないが、何れにせよ暫く賛否両論は尽きないだろうか。

Posted by claudia パーマリンク

2018年02月07日(水)

[ 雑記 ]
新事例難航気配

本日の日経紙経済面には納税難民と題し、今年の確定申告は仮想通貨の利益を巡る申告が増えると想定されるほか、医療費控除の制度変更もあって源泉徴収に慣れた会社員などを中心にこの手に不慣れな「納税難民」が日本中で彷徨う気配が漂う懸念などが書いてあった。

確定申告といえば先月に当欄では「雑所得の憂鬱」と題し国税当局が仮想通貨で多額の利益を得た投資家らの調査を始めた旨を書いたが、取り急ぎ?雑所得扱いとの御触れが出た以上ちょっとした小遣い程度の利益は株式程度の感覚で済もうが、こんな株式のように損益通算が出来ればいいようなものの多額の利益を計上した向きほど総合課税に税率など考えるになかなか気が重くなる。

日経紙でも書いてある通り仮想通貨の交換だけで課税となるが、現在問題となっているコインチェックのケースなど仮に表明している通り円での返金が為された場合はホッとするのも束の間これで利益確定とみなされ否応なしの課税対象になるのだろうか?そうなると元々の流出した仮想通貨のままの返還要求をする向きも出てきそうでまだまだ一悶着ありそうな気配だ。

Posted by claudia パーマリンク

2018年02月06日(火)

[ 雑記 ]
相互保護の重要性

さて近所ながら暫く通っていなかった道を歩いていた際にいつの間にか小洒落たチーズ専門店が出来ていたのを見掛けたが、欧州チーズといえば一昨日の日経紙社説では「食品の地域ブランドの保護を混乱なく」と題し、日本とEUが昨年大筋合意したEPAに基づき、GI(食品ブランド名称である地理的表示)を相互に保護する具体策を決めた旨が載っていた。

このGIに関しては当欄でも昨年の夏に一度触れ、その際にアメリカ製のパルメザンチーズや、カマンベールチーズの名前も使用するのが危うくなるとのでは?と書いていたが、農水省によれば国内で粉チーズの総称として普及している「パルメザン」の使用は本来の欧州のGIと混同しなければ問題なく、「カマンベール」も欧州の地域名と切り離して使う場合は侵害とはならないという。

ただ○○県産ゴルゴンゾーラやオマージュなる言葉を絡めた例は侵害に当たるとしているが、この辺はレストランのメニュー表記一つとっても無数に存在している。既存食品名でGI侵害に当たる場合は協定発効から5〜7年の経過措置が終るまでに変える必要があるが、神戸ビーフなど粗悪な偽造品も相当数出回っており相互保護の重要性が益々問われる事になりそうだ。

Posted by claudia パーマリンク

2018年02月05日(月)

[ 雑記 ]
商戦と食品ロス

立春を過ぎても例年より厳しい寒さを感じるが、先週末には近所の彼方此方の神社では豆まきなど節分行事が行われ結構な賑わいを見せていた。斯様に豆まきは昔から定番となっているが、近年でははや年明け早々からでは一段と立派になった恵方巻のカタログなど大手百貨店など中心に案内が喧しい。

実際そうした営業努力も奏功してか大丸東京店等は昨年の売り上げが三年前からの比較で約2.5倍まで膨らんだ模様で、今年は実に150種類の恵方巻を揃えその中身もかつてなかった高額モノから西洋銀座のガレットを使った西洋ロール、崎陽軒のシウマイ恵方まんなど和洋中の垣根を越え何所もこの商戦に乗ろうとの意欲が窺える。

さてそんな一方でコンビニやスーパー向け大量発注の弊害で、ノルマや売れ残り余剰商品の大量廃棄等の問題も昨年あたりから取り沙汰されるようになって来た。こうした問題に絡んでは某スーパーが出した「もうやめにしよう」との意見チラシも話題になっていたが、あのゴディバもバレンタインデーを前に日経紙で「日本は、義理チョコをやめよう。」との衝撃的な全面広告を出しており、今後市場が拡大するに連れこういった一石を投じる事例も増えてこようか。

Posted by claudia パーマリンク

2018年02月01日(木)

[ 雑記 ]
サロン・ドュ・ショコラ2018

さて、はや如月に突入となり節分が過ぎるとバレンタイン商戦がスタートなるが、この前哨戦となる毎年恒例の「サロン・デュ・ショコラ」が今年も先週末まで開催されていた。当欄でも8年前から触れて来たこの祭典、実に16回目となる今回は世界15ヵ国から過去最大との108のチョコレートブランドが集結となった。

当初はフラリと行ってゆっくりとブース廻りが出来たこの祭典も年々熱気を帯び、次第に事前招待となり今年の案内は遂にネットでの時間帯別のチケット事前予約と有料化にまでなって来た。今回のテーマは「アバンチュール」というが、また昨年とは顔ぶれも新たに若手の出店が目を惹く。

ここ数年トレンドのビーン・トゥー・バー系から昨年の当欄でも取り上げた日本食材の多用などは相変わらずであるが、やはり昨年からの流行でSNS映えを意識したイートインならではの限定メニューも多彩になり、セバスチャン・ブイエのリップ型チョコや惑星を連想させるようなパトリック・ロジェ、食品にはタブーとされるブルーを操ったフランク・ケストナー等々アーティステックな物が並ぶ。

もう一つSNS映えといえば「萌え断」。昨年のクリスマスケーキあたりもこれが意識されてきた断面、日本やフランスを代表するようなショコラティエも口を揃え食感や見た目のバランスを取る為に如何に断面に拘りを持つかが重要とコメントしているが、はたして来年は何がトレンドになっているのか興味深いところ。

Posted by claudia パーマリンク

2018年01月31日(水)

[ 雑記 ]
進化する資金調達

さて、以前にも触れたICOが資金調達の主役になれるのか否かが議論されている昨今だが、資金調達といえばもう一つ、一昨日の日経紙法務面には「ライツ・イシュー再び関心」と題し、国内では2009年から適用になった企業の資金調達手段の一つである「ライツ・イシュー」とよばれる株主に新株予約券を割り当てる仕組みの使い方をよくしようと工夫をこらす動きが出始めている旨が乗っていた。

思い出せば日本での第一号は不動産のタカラレーベンが実施したノンコミットメント型であったが、その後は数社の実施を経て大量調達を計画したJトラストのケースでは前後で株価も大きく動いた事で何かと物議を醸し出した経緯があるが、関係者側としては持ち株比率が下がったとはいえ概ね成功したファイナンスのケースともいわれている。

他にも中には意図不明な乱用や大株主が怪しかったりと噂されるモノもあったが、新手のもので錬金に使えそうな技であれば意欲的に利用されるのが黎明期の特徴か。こうした事例を踏まえて規則改正が為され証券会社との共存も考慮されるようにまでなってきた昨今だが、ICO然り一段と小粒な企業にもファイナンスの道が開けてきたともいえよう。

Posted by claudia パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

F-BLOGオフィシャルブログ

商品先物ブログナビ
我想う
【CX&FX】カウボーイの我想う
商品先物&為替ウォッチブログ。
ネットCXニュース
★商品先物ネット取引ニュース
ネットCX最新サービスニュースを。
先物流儀
小次郎講師の先物流儀
先物業界の変化をいち早くお届け

コモディティ関連のツイート集約

  

運営サイト

FOREX PRESS
Seminar Navi
CFDNOW
Factual Futures

スポンサードリンク

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 F-BLOG All rights reserved.