F-BLOG / カウボーイの“我想う”

小次郎講師
2012 / 4
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

更新通知[RSS]

RSS

最近の記事

カテゴリーリスト

検索


PHOTO

平均コマ足を見てみよう!

平均コマ足を見てみよう!

お礼、私の塾が5周年を迎えました。

お礼、私の塾が5周年を迎えました。

豪州財務省から感謝される日本!?

豪州財務省から感謝される日本!?

トウモロコシ市場の灯を消すな!

トウモロコシ市場の灯を消すな!

みんなの株式で連載中のコラムがお陰様で評判がいいようだ。

みんなの株式で連載中のコラムがお陰様で評判がいいようだ。


2012年04月27日(金)

[ 業界諸事情 ]
頑張れ、コメ先物!

コモディティ投資をされている方、しようと思っている方、ここ1ヶ月コメ先物が急騰しているのをご存じだろうか?

コモディティ価格は今年の1月からほとんどの銘柄が安定上昇してきたものの、3月から流れが変わり、今や上げ幅の半値くらいを失ってしまった。ここから戻すのか、それともこのまま下がるのかと予断を許さない状況になっている。

不思議なことだが、金もガソリンもトウモロコシも今年になってからは、ほぼ同じ動きなのである。その中でコメだけが4月になってさらに急騰を始めた。4月2日、安値で14000円を切っていた価格がみるみる上昇し、1ヶ月弱で15400円近くまで上昇してきた。なんと1400円もの上昇。もし、コメを10枚取引していたら、証拠金35万円に対し、140万円の利益と言った状況だ。コメ恐るべし。

画像(156x180)・拡大画像(566x652)

東京コメ

欧州で記録的な干ばつが来ている。日本も地震以来、コメの作付けが減っているとか、いろいろなことを言われているが、真相は定かではない。

コメ上場以来、初の急上昇。いよいよ待ちに待ったコメ先物ブーム到来かと思ったら、逆だった。価格が上昇しているにもかかわらず、今年1月中旬5500枚くらいだった取組高はそれからほとんど毎日のように減り続け、なんとついに1500枚というところまで来ている。危険水準である。このまま減り続けると、後1ヶ月で取引が無くなってしまう。

考えられる原因は、東京穀物商品取引所の先行き不安だろう。現在、上場されている商品を関西商品取引所か、東京工業品取引所に引き取ってもらう交渉をしているところだ。しかもコメは関西商取に移管される公算が高いと言われている。要は農林省がコメを他の省に手渡さないということなのだ。

しかし、もし、コメが関西商取に移管されれば、間違いなくコメの先物はつぶれてしまうだろう。だって、既に関西にはコメの先物はあるのだ。そしてそれがどういう状況であるか見れば一目瞭然だ。

素早く東工取移管を決定すること。これがコメの先物取引を守る唯一の方法だ。そして、コメの先物取引は、日本の主食であるコメの適正な価格形成のためにも、ヘッジ機能のためにも、絶対につぶしてはいけないものだ。ここで先物市場が失敗してしまえば、日本のコメは100年遅れてしまう。

それにも係わらず、風前の灯火である。
主務省や取引所が適切な判断をくだすことが出来るのか、今試されているということを関係者はよく理解してもらいたい。

Posted by 小次郎講師 at 01時31分

ページのトップへ ページのトップへ

F-BLOGオフィシャルブログ

商品先物ブログナビ
相場ドラゴステ
クラウディアの相場ドラゴステ
相場のポイントを捕えるコメント。
我想う
【CX&FX】カウボーイの我想う
商品先物&為替ウォッチブログ。
ネットCXニュース
★商品先物ネット取引ニュース
ネットCX最新サービスニュースを。

みんコモ・コラムアワード2013

スポンサードリンク

運営サイト

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 F-BLOG All rights reserved.