F-BLOG / カウボーイの“我想う”

小次郎講師
2015 / 8
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

更新通知[RSS]

RSS

最近の記事

カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

PHOTO

頑張れ、コメ先物!

頑張れ、コメ先物!

下げ相場が取れて一人前!

下げ相場が取れて一人前!

みんコモ・コラムアワード副賞を受賞!

みんコモ・コラムアワード副賞を受賞!

いまだに解決しないFXの不透明な滑り問題!

いまだに解決しないFXの不透明な滑り問題!

東京工業品取引所ブースでのセミナー、大盛況!感謝!

東京工業品取引所ブースでのセミナー、大盛況!感謝!


2015年08月04日(火)

[ 相場談義 ]
CRB指数200P割れの脅威

 本日はラジオNIKKEIマーケットトレンド出演後、投資の学校Webセミナー。投資の学校の講師の一人矢口(新)先生の話はいつも興味深い。中国問題あり、プエルトリコ問題あり、米国の利上げは難しいのではないかと質問したところ、いざというときに「利下げ」のカードが切れるようにするためにも、一度は利上げをしておく必要があるとのこと。なるほど、利下げカードのために利上げをするのか。そんなことを考えたことはなく、目からうろこが落ちた。

 私は原油の下落基調とCRB指数の話をした。原油は再度下落基調に入って新安値目前である。原油の下落が再び新安値を更新していくことは世界経済に大きな影響がある。そして国際商品指数であるCRB指数は既に新安値を更新して下落している。CRB指数の構成銘柄のひとつが原油であるから、CRB指数と原油価格には連動性があるのだが、そのCRB指数がなんとついに200Pを瞬間下回ったのである。

 CRB指数が200Pを割り込んだと言ってもほとんどの方にはその重要性がわからないだろうが、リーマンショックの前は474P まで上昇していたのだ。それがリーマンショックで急落し、200Pまで下がった。その後持ち直して370ドルまで回復したところから再度売られていたのだ。そして今週月曜、ついにリーマンショックの下げを下回ったのだ。国際商品下落の主な原因は中国。とすると株式市場にも影響がないはずがない。

Posted by 小次郎講師 at 23時47分

ページのトップへ ページのトップへ

F-BLOGオフィシャルブログ

商品先物ブログナビ
相場ドラゴステ
クラウディアの相場ドラゴステ
相場のポイントを捕えるコメント。
我想う
【CX&FX】カウボーイの我想う
商品先物&為替ウォッチブログ。
ネットCXニュース
★商品先物ネット取引ニュース
ネットCX最新サービスニュースを。

みんコモ・コラムアワード2013

スポンサードリンク

運営サイト

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 F-BLOG All rights reserved.