F-BLOG / カウボーイの“我想う”

小次郎講師
2012 / 4
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

更新通知[RSS]

RSS

最近の記事

カテゴリーリスト

検索


スポンサードリンク

PHOTO

GOLD NEWS スタート!

GOLD NEWS スタート!

お礼、私の塾が5周年を迎えました。

お礼、私の塾が5周年を迎えました。

東京工業品取引所ブースでのセミナー、大盛況!感謝!

東京工業品取引所ブースでのセミナー、大盛況!感謝!

デザインそして遊び心、それがこれからのオンライントレードを左右する!

デザインそして遊び心、それがこれからのオンライントレードを左右する!

ラジオNIKKEI「小次郎講師に聞く、勝敗を分ける投資のポイント!」

ラジオNIKKEI「小次郎講師に聞く、勝敗を分ける投資のポイント!」


2012年04月27日(金)

[ 業界諸事情 ]
頑張れ、コメ先物!

コモディティ投資をされている方、しようと思っている方、ここ1ヶ月コメ先物が急騰しているのをご存じだろうか?

コモディティ価格は今年の1月からほとんどの銘柄が安定上昇してきたものの、3月から流れが変わり、今や上げ幅の半値くらいを失ってしまった。ここから戻すのか、それともこのまま下がるのかと予断を許さない状況になっている。

不思議なことだが、金もガソリンもトウモロコシも今年になってからは、ほぼ同じ動きなのである。その中でコメだけが4月になってさらに急騰を始めた。4月2日、安値で14000円を切っていた価格がみるみる上昇し、1ヶ月弱で15400円近くまで上昇してきた。なんと1400円もの上昇。もし、コメを10枚取引していたら、証拠金35万円に対し、140万円の利益と言った状況だ。コメ恐るべし。

画像(156x180)・拡大画像(566x652)

東京コメ

欧州で記録的な干ばつが来ている。日本も地震以来、コメの作付けが減っているとか、いろいろなことを言われているが、真相は定かではない。

コメ上場以来、初の急上昇。いよいよ待ちに待ったコメ先物ブーム到来かと思ったら、逆だった。価格が上昇しているにもかかわらず、今年1月中旬5500枚くらいだった取組高はそれからほとんど毎日のように減り続け、なんとついに1500枚というところまで来ている。危険水準である。このまま減り続けると、後1ヶ月で取引が無くなってしまう。

考えられる原因は、東京穀物商品取引所の先行き不安だろう。現在、上場されている商品を関西商品取引所か、東京工業品取引所に引き取ってもらう交渉をしているところだ。しかもコメは関西商取に移管される公算が高いと言われている。要は農林省がコメを他の省に手渡さないということなのだ。

>>この記事の続きを読む

Posted by 小次郎講師 パーマリンク

2012年04月20日(金)

[ ニュース ]
くりっく365でレバレッジ150倍を実現!?

25倍というレバレッジ規制があるFX取引でレバレッジ150倍というから、また詐欺事件かと思ったら、カブドットコム証券が提供するサービスだそうだ。よくよく記事を見ると、法人という言葉がある。

カブドットコム証券、「くりっく365」で最大レバレッジ150倍の取引が可能な法人口座の取扱開始

カブドットコム証券株式会社は、2012年4月21日(土)口座開設申込み受付分から、主要ネット証券で初めて、東京金融取引所のFX「くりっく365」で最大レバレッジ150倍のお取引が可能な法人口座の取り扱いを開始いたします。2009年8月に交付された「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」の施行にともない、2011年8月1日(月)から、想定元本の4%の証拠金の差し入れが義務づけられ、最大レバレッジ25倍とする規制が導入されました。しかし、法人のお客さまにつきましてはこの規制の対象外となり、少ない証拠金でお取引いただけるサービスを導入するものです。・・・

日経プレスリリース
詳細はこちら

なるほどね、法人にはレバレッジ規制はない。確かにこれは違法ではない。しかし、どう考えてもこのサービス、既存の法人に向けたものとは思えない。レバレッジ規制でつまらなくなったと不満の個人投資家に、だったら法人にして取引したらいいじゃないですか、と言っているようなもの。

>>この記事の続きを読む

Posted by 小次郎講師 パーマリンク

2012年04月19日(木)

[ ニュース ]
ウォーレン・バフェット氏の病気

ウォーレン・バフェット氏が病気だそうだ。
初期の前立腺がんと診断され、7月中旬から放射線治療を開始することを明かした。

株式市場の不安材料になっている。一人の投資家の健康が世界の経済に影響を与えるとは凄い話だ。

米著名投資家バフェット氏、初期前立腺がん CEOは辞任せず

【4月18日 AFP】米投資持株会社バークシャー・ハザウェイ(Berkshire Hathaway)を率いる著名投資家ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)氏(81)が17日、初期の前立腺がんを患っていることを明らかにした。バークシャーの最高経営責任者(CEO)を辞任する意向はないとしている。

バフェット氏はバークシャーの株主に宛てた書簡の中で、11日に初期の前立腺がんと診断され、7月中旬から放射線治療を開始することを明かした。画像診断でがんの転移はみられなかったという。

AFPニュース
詳しい内容はこちら

投資家はたくさんいるが、この人くらい世界中から尊敬され愛された投資家はいない。投資の世界はお金の奪い合い。誰かが勝利者になれば誰かが敗者になる。勝利者は敗者の屍の上に栄華を築くのだ。

>>この記事の続きを読む

Posted by 小次郎講師 パーマリンク

2012年04月18日(水)

[ 雑記 ]
リスクオン、リスクオフ、そんなの関係ないから。

新聞やネットの相場解説を見ると、「リスクオン」「リスクオフ」という言葉が流行語のように使われている。しかもリスクオフ商品に投機資金が流れたと解説して、半月も立たないうちに、リスクオン商品に投機資金が戻ってきたと平然と書く。ここ数年はそのことの繰り返しのようだ。

しかも何がリスクオンで、何がリスクオフなのかも定かではない。ある時期、金はリスクオフだったのに、ある時期はリスクオンとして解説される。解説する人によっても食い違う。

リスクオン・リスクオフとう自体さえがあいまいで、また、何がリスクオンで何がリスクオフかも曖昧模糊としている。要は、書く材料が無くなったときに、流行の言葉を使って投資家を煙に巻いているとか思えない。

トレーダーにとって何も参考にならない言葉を、さも何かを悟ったように使うのはやめてほしいものだ。

Posted by 小次郎講師 パーマリンク

2012年04月12日(木)

[ ニュース ]
騙される人はとことん騙される!

さて、今日入ってきたニュース、騙される人はとことん騙されるという話。

かつてL&Gという会社による円天という詐欺事件があった。元々健康食品を取り扱っていたL&Gは2001年より円天という疑似通貨を考え出した。元本を保証した上で元金100万に対し3ヶ月毎に9万円支払うという契約だから、年利で36%という超高金利。2007年に支払いが滞り、詐欺事件に発展したが、全国に5万人の会員がいて、1千億円を集めたというから凄い話だ。

このL&Gという詐欺会社を作った主催者はその昔、やはりマルチ商法で詐欺罪で逮捕されていたというから、詐欺師はどこまでいっても詐欺師であるという典型的な話だった。

さて、今日の話は、騙される人も繰り返し騙されるという悲しいお話。

L&Gにより200万の被害を受けていた女性が、その200万を取り戻すという詐欺話でなんと1千万の被害を被ったというのである。

「円天」被害女性、「取り戻せる」と再び詐欺被害
疑似通貨「円天」を使った健康寝具販売会社「エル・アンド・ジー(L&G)」による巨額詐欺事件で被害にあった福岡市南区の無職女性(70)が「お金を取り戻せる」と投資を持ちかけられ、約1000万円をだまし取られていたことが12日、福岡県警南署への取材で分かった。
女性はL&G事件で200万円の被害に遭ったという
日経新聞より
詳細な記事はこちら

200万の被害を取りもどすために1千万を投じたという信じられない話だが、要は、騙す人間はとことん騙し続け、騙される人間はとことん騙されるのだという典型的教訓。だから詐欺師は騙される人間を徹底的に餌食にする。

>>この記事の続きを読む

Posted by 小次郎講師 パーマリンク

2012年04月11日(水)

[ ニュース ]
ガソリン価格は上がっているのか?

この1ヶ月くらい、テレビ・新聞・雑誌等で連日のように原油高・ガソリン高が取り上げられ続けた。しかし、実際には東京工業品取引所のガソリン価格はこの1ヶ月間、下げ続けていたのにだ。

そして本日ようやくこういうニュースが出た。

ガソリン店頭価格、9週ぶり下落 0.2円安
資源エネルギー庁が11日発表した9日時点のレギュラーガソリンの店頭価格(全国平均)は1リットル158.1円で、前週に比べ0.2円下がった。9週間ぶりの値下がり。
日本が輸入する原油の指標になる中東産ドバイは1バレル120ドルを割り込んだ。3月中旬には一時125ドルまで上昇していた。
日経新聞より
詳細はこちら

どうも、あまりにずれすぎている。店頭価格と市場のタイムラグだと言ってしまえばそれまでだが、報道するメディアはそんなことわかっていながら、危機だけ煽る。

>>この記事の続きを読む

Posted by 小次郎講師 パーマリンク

2012年04月06日(金)

[ ニュース ]
サーチナの食料価格推移グラフに注目!

サーチナのサイトに恒例の食料価格推移がグラフ化されて紹介されている。

前々から注目していた記事だが、2012年3月分が反映された。さっそくグラフを保存して拡大して眺めている。

20年あまりの世界の食料価格の推移をグラフ化してみる(2012年3月分反映版)

値そのものは2002年から2004年までの3年間36か月の値の平均値を基準値の100とし、それに対する相対値の値で提供される

砂糖(オレンジ色の線)は元々相場変動性の高い食料品のため変動が激しいが、それ以外の項目は2005年前後まで、50〜150の領域(水準値100のプラスマイナス5割内)でほぼ留まっていたことが分かる。ところが先の「サブプライムローンショック」に始まる2007年以降の市場動乱・金融不況を皮切りに大きなうねりを見せ、全体的には上昇傾向にある。特に「サブプライムローンショック」時の急上昇とその後の大きな反動による下落の後に起きた「リーマンショック」(2008年9月)以降は、全体的に上昇する一方。昨年後半期からは種類によって下げ率に違いはあるものの、食肉を除き一時的に減少する動きがあったが、それも今年に入ってからは再び上昇の気配が感じられる。

サーチナより
詳細はこちら

貴重な資料だ。
コモディティ全体の大きな流れを知る参考資料になる。コモディティの柱は貴金属、原油、穀物が三本柱。それらは関係が無いようで実は大きく関係しながら動いている。

>>この記事の続きを読む

Posted by 小次郎講師 パーマリンク

2012年04月05日(木)

[ ニュース ]
米大統領選先物って何?

米国には大統領選の先物取引がある。アイオワ大学が運営しているそうだ。今回はシカゴのNADEX社がオバマ大統領の再選を取引材料とする先物取引を申請したがそちらはどうやら認可されなかったようだ。

米大統領選のデリバティブ取引不認可 米CFTC
米商品先物取引委員会(CFTC)は2日、米電子取引会社による米大統領選予想のデリバティブ(金融派生商品)取引の申請を却下した。CFTCは「政治イベントを証券取引の対象にするのはギャンブル性が高く、公共の利益にかなわない」として承認しなかった。伝統的に資本市場の革新に柔軟な米政府だが、「政治」に関してはタブーがあることを改めて示した格好だ。

 認可申請していたのはデリバティブ電子取引会社、ノースアメリカン・デリバティブ・エクスチェンジ(シカゴ、NADEX)。オバマ大統領が再選するかなどを取引対象とし、個人投資家を対象に1口100ドル、25万ドルを上限に設定していた。

 大統領選予想をベースにした取引は、アイオワ大学が1980年代から手がけているが、学術研究が目的で米証券取引委員会(SEC)が例外として認めている。商業用ではアイルランドを本拠とするイントレードが実施しているが、米当局の監督下の会社が手掛ける大統領選予想の商業用取引市場としては初のケースになるはずだった。

日経新聞より
詳しい内容はこちら

今回は認可されなかったようだが、アメリカはいろいろな先物取引を考える。かつてはテロの先物取引なども検討されたことがあった。

>>この記事の続きを読む

Posted by 小次郎講師 パーマリンク

2012年03月31日(土)

[ ニュース ]
注目、市場動向を立体視できるアプリ!

画像(180x131)・拡大画像(640x467)

ヤフーが新たな株式のチャートアプリを無料提供し始めたが、これが凄い。全く新たな観点で市場分析が出来る。色んなことを考えるもんだ。

市場動向を立体視できるiPadアプリ!Yahoo! ファイナンス株式マップ

ヤフージャパンが、iPad専用アプリ「Yahoo!ファイナンス 株価マップ」の無償提供を始めた。従来の株式情報アプリと異なり、株式市場の情報を3Dで立体的に表示するという画期的なインターフェイスを備えている。

加えて個人投資家やFP(ファイナンシャル・プランナー)がよく利用するYahoo!ファイナンスのほとんどの機能を使うことができるスグレものだ。

■立体的な一覧表示が特徴
このアプリは、市場動向を3Dで表示するのが最大の特徴だ。デフォルトでは上場銘柄が二次元のタイル状に表示されるが、3D表示に切り替えると、時価総額、出来高、売買代金の3つの指標ごとにバーの高さで表示する。赤色は前日終値比で値下がり、青色は同値上がり、グレーは変化なしを意味する。

バーをタップすると、該当銘柄名と株価(20分遅れ)が表示される。そのポップアップ部分をタップすると、詳細情報(株価収益率[PER]や配当額など)、チャート(10年まで)、ニュースに加え、Yahoo!ファイナンスの掲示板情報を読める。

右下のホイールと、その中央の再生ボタンを使うことで、最大5営業日前までの情報にアクセス可能だ。むろん、銘柄をウォッチリストに登録することもできる。

■従業員数、年収も直ちに分かる
個人投資家であれば、これらの機能だけでほとんど問題ないのだが、各社の従業員数、平均年齢、平均年収による表示の切り替えまで出来る。

ライブドアニュースより
詳細はこちら

こういったアプリの登場が投資家の投資意欲を駆り立てる。商品先物でも誰か作ってくれないだろうか。

Posted by 小次郎講師 パーマリンク

2012年03月29日(木)

[ ニュース ]
日本の素人だらけ。

AIJ事件以来、厚生年金の運用が問題になっているが、毎日新聞に「厚生年金基金、運用担当9割素人」というショッキングなニュースが掲載された。

厚生年金基金:運用担当9割「素人」 天下り増え721人−−厚労省調査

厚生労働省は28日、厚生年金基金に関する実態調査(3月1日時点)の結果を公表した。資産の運用を担当する役職員の9割が運用業務経験のない「素人」だったことが分かった。

毎日新聞より
詳細なニュースはこちら

まあ、ショッキングはショッキングだが、そもそも日本にプロはいるのかという疑問がある。サラリーマンで運用を担当している人がプロかというと、これも怪しい。

やはり、世界の中で、投資教育が最も遅れている国ということがここへ来てさまざまなリスクを産み出している。

>>この記事の続きを読む

Posted by 小次郎講師 パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

F-BLOGオフィシャルブログ

商品先物ブログナビ
相場ドラゴステ
クラウディアの相場ドラゴステ
相場のポイントを捕えるコメント。
我想う
【CX&FX】カウボーイの我想う
商品先物&為替ウォッチブログ。
ネットCXニュース
★商品先物ネット取引ニュース
ネットCX最新サービスニュースを。

みんコモ・コラムアワード2013

小次郎講師の書籍発売!

  


関連サイト

スポンサードリンク

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 F-BLOG All rights reserved.