商品先物ネット取引最新ニュースブログ

▼お奨めPR情報

▼商品先物ネット取引比較!

▼取引業者別ニュースリスト

2008年12月02日(火)

[ 楽天証券 ]
トレードツール「.como」サービス終了し「Formula」に一元化へ

画像(160x120)

ドットコモディティは2007年10月1日の3社統合(ドットコモディティ、ひまわりCX、アストマックス・フューチャーズ)以後、旧ひまわりCXのトレードシステム「サイバートレーダーPro」を終了し、今年4月以降は「.como」および「Formula」の2つのトレードツールを並行稼動してきたが、本年末をもって「.como」サービスを終了し、Webブラウザベースのトレードツールである「Formula(フォーミュラ)」に一元化へ。

▼トレードツール「.como(ドットコモ)」サービス終了のお知らせ

<今後のスケジュール(予定)>

平成20年12月30日(火)大引けまで、トレードツール「.como(ドットコモ)」をご利用になれます。

これ以降は、「.como(ドットコモ)」のご利用は出来なくなりますので、ご注意ください。その後、システムメンテナンスを行い、平成21年1月5日(月)以降は、トレードツール「Formula」でのお取引となります。

トレードツール「.como(ドットコモ)」は、当社が受託業務を始めました2005年5月より皆様にご提供させていただいた人気のツールです。そのダウンロード件数は、平成20年10月末までに約13,500件強となったことからも、本当に多くのお客様にご利用いただいたのだと実感いたしております。 

しかしながら、平成21年5月を予定している東京工業品取引所の新システム移行に対し、開発の限界がベンダーによって提示されるなど、サービス提供の継続を断念せざるを得なくなりました。当社といたしましても誠に残念ながら、今回の決定に至った次第です。

 ここにトレードツール「.como(ドットコモ)」をご愛顧いただいたこと、重ねてお礼申し上げます。

なお、平成21年5月を予定している東京工業品取引所における23時までの取引時間延長、また平成21年後半に予定されております取引時間の24時間化に向け、新トレードツールの開発を含めたプロジェクトを着々と進めております。

商品先物ネット取引徹底比較からランキングまで


Posted at 21時11分    

 

スポンサードリンク

ページのトップへ ページのトップへ

先物ネット取引PR広告

ネット取引ニュース on Twitter

Cowboy on Twitter

更新通知[RSS]

RSS

ニュース検索


最近のニュースリリース

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 CapitalF Co.,Ltd. All rights reserved.