321ページ目

バランス

本日はTOCOM銘柄が全般軟調、シルバーはザラバストップ安とこちらも何時の間にかボラタイルな商品になったものだ。

主力の金も一服となったが、先週末に田中貴金属が発表した昨年の動向指数は、販売が前年比で14.7%減少する一方で買取は同62.1%と大幅に伸びたようである。

そういえば銀座のショップもよく様々な物を持ち込む顧客を多く目にするが、TOCOMや海外勢の煽りにこういった向きが合せているといったところか。

こういった部分で上手く需給バランスを取っているのだろうが、さて目先の軍配は何れに上るだろうか。


連鎖現象

パンク懸念から本日も取引一時中断の可能性を示唆していた東証だが、ギリギリでなんとか乗り切った模様。

こんな状況下では先週末にも大和がヤッたようにまたも誤発注が出そうなところであったが、これもみずほから始まって日興シティー、そして大和とよく立て続けに起こるものだ。

株式系では少し前の2001年にUBSの誤発注事件があったが、その直後にもドイツがヤッた覚えがある。

こうして考えると乗物事故や少し前に問題になった食品関係等々連鎖的に続く事柄が幾つも出て来る。

素朴な疑問だが何故伝染するのか不思議だと思いませんか?


良薬

?売る行為?に対する恐怖心が強いものほどツルベ落としになった時は酷い状況になるが、最近はこの手が実に多い。

昨日からの日経平均、年末暴落前の金先物、灯油先物の期近等々、がそれらだがその度に取引所の程度が判るというもの。

当欄12/21付けでは「周りから恥晒しで助けられるのはいいが、向こうから見ればまだまだ世界標準ではない訳で上場云々以前の問題とも云えよう。 」と東証の件に触れたが、本日の措置に関しても批難囂囂は避けられまい。

ただまあ調子に乗って執行リスクの認識も知らぬままゲーム感覚で参戦していた即席デイトレ−ダーに対してはいい薬になったかもしれぬだが、何時までも立て続けの失策は通用しなくなると思うが。


背後勢力

周知の通り本日の株式市場ではその場味をも急落へ導いたライブドア事件が一番の話題であった。

今回はM&A先の分割を背景にした部分を炙り出した訳だが、分割に限らず起債その他洗ってみればまことに不透明な物は上場企業でもヤマほどあるし、今回のこの一連の錬金において、?先のジェイコムよろしく?公にならない一部個人にはコッソリと儲けた確信犯も多数存在するのが事実である。

斯様に突発的に出て来るこうした問題は得てして背後に様々の勢力均衡が崩れた場合に表面化するケースが殆どであるが、さてどこまでを表に出すのか注目しておきたい。


資産の位置付け

金が再度直近高値を塗り変え25年ぶりの高値である。

それらを受けTOCOMでもメタル系が早くも?今年の相場?を演じ始め今回も再度スプレッドに注目したいところだが、何れにせよ本年も発行元のないモノが人気化する素地は充分であろう。

この金は特にそうだが株と違い単純指標で見ての実質的な割安割高水準が存在しないだけに思惑が生じ、今年も取組は真贋?拮抗して話題を提供してくれそう。

年末に記したような現象となってくれれば面白くなるのだが。


深謀遠慮

日銀が本日発表した昨年のマネーサプライでは、企業や家計のマネーがリスク性の金融商品にも向っているという実態が示されていた。

それを裏付けるかのようにネット証券大手5社の昨年10-12月期株式売買代金が合計で60兆円超えという発表もなされていたし、総じて12月末に記載したように「下から上って来た層」の活躍が目立つ最近である。

リスク性といっても中間層は次第にハイリスクの方へシフトするのも自然な流れであるからこれらの次に控えるFXや先物も環境は可也良好、市況もフォローし啓蒙するには千載一遇のチャンスであり、同時に旧態依然体質から脱皮するチャンスでもある。


独壇場

年が明けてもTOCOM銘柄は引続き元気印、本日石油製品の一部なんぞはストップ安からストップ高まで駆け上がるボラタイルな相場場展開であった。

斯様に動いてくれればジョビング派やディーラー勢にとって歓迎される展開であるが、反面取組や板状況からリクイディティーに難有りという面は否めないだろう。

当面新法の影響を受けつつも顧客も逃がしたくはないという環境下であるなら、ある程度のヘッジが効かせられるオプションや指数の早急な展開に期待したいところでもある。


各々の道

本年の当欄が本日よりスタートとなります。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて昨年はある意味激動であったともいえるが本質的なところはこれからだろうか。取引所、取引員連動型から各々が主要顧客を視野に入れての行動パターンになってくる。

以前も触れたような記憶があるがポイントになってくるのはやはりIRか、何処だかが広報元年云々言っていたが基本的な部分がまだまだ発展途上のような気もする。

今年も業界関係では幾つか年末の十大ニュースにランクインしそうな話が入っているが、さてどうなるやら注目しておこう。


金満増殖

さて掉尾の一振か本日も日経平均は年初来高値更新、商品もストップ高銘柄が続出となっていた。

そんな中、多くが本業の休暇入りで俄かトレーダーの注文が殺到したのかジャスダックでは注文処理の遅延障害が発生していたが、本業以上に儲かる麻薬を味わった向きの一方通行現象を如実に物語っている。

数年前の今頃であったか株の利益金をテレビ塔から撒いた20代の男性が居たが、同じ20代でも今年はスケールが違い直近ではジェイコム株で数十億円の儲けが発覚したのが記憶に新しい。

それも表に出てきただけで複数居り、表に出ていない分でも数千万から数億円程度の儲けを手中に収めた20〜30代の輩はゴロゴロしている。

いろいろ賛否両論あろうが、マネーのシフトにはビギナーズラックであろうとも身近に出た成功者?の憧れが一番効果的であるのは否定出来ない。

商品あたりでもこうした現象が次々に出て来ると面白くなるのだが・・と夢を見つつ本年は書き綴って来た筆を置きたい。


皆様一年間の御愛読誠にありがとうございました。
どなた様も良い御年をお迎えください。


夫々の事情

レフコの破綻から約二ヶ月であるが、当時ココのIPOの引き受け主幹事であったG・Sがグループ運用会社のハナ替え操作で金融庁から業務改善命令を受ける等何処の仕事か身辺が騒がしい。

さてレフコといえば本日は一応それがトリガーになったという事で東京FXフィナンシャルが民事再生手続き申請の意向を示している。

予定していた第三者割当増資がドタキャンになったという巷ではよくある出来事であったが、雨後の筍のように乱立したFX業者もちょうどその程度のペースで消えている師走である。


導入プロセス

金融庁は本日、来年から適用となる保険商品の新販売ルールを発表していたが、宣伝部分についても言及しておりこの手は徐々に証券系が軸になって来ているようにも見える。

今回の投資サービス法制定にしてもこの保険分野は最終的には一部商品に限定されたもののこの辺は後に含みを持たせている感もある。

そういった意味では先物業界も同様で先ずは商品ファンドあたりなのだろうが、まだまだいろいろな背景で紆余曲折か。


年末商戦

さて宗教の境目が無い本年の日本のイヴは週末という事もあって巷の賑わいは昨年を数段上回っていたような感じであった。

まあ日柄もあるだろうが本年はミニバブルといわれるように俄かにキャッシュを手にした向きも多く、下から上がってきた層も加勢してカネを落している分そう見えると言った方が良いかもしれない。

有名どころのホテルやレストラン等それに乗じて俄か成金スレスレの売り方も散見され、あまり趣味のいいものではないがそれもまた時勢か。

各々のサンタクロース。