2021年度 商品先物ネット取引データアンケート調査について

毎年商品先物ネット取引を取り扱う商品先物取引会社を対象に実施している「商品先物ネット取引データアンケート調査」、22年目となる本年2021年度は10月末時点のデータを対象とし、11月29日(月)〜12月10日(金)の2週間で実施いたします。

▼2021年度 商品先物ネット取引データアンケート調査概要

11月29日(月)に11月時点で商品先物ネット取引を行っている取引会社【10社】に対してアンケートのメールをお送りし、集計後12月下旬に全データを公開予定です。

尚、アンケート項目などは以下の通り。

【取引データアンケート調査内容(主要項目)】
※全て一般顧客からの受託を対象としたアンケートとなります。

1. オンライン取引 口座数:口座(2021年10月末現在)
10月末時点でのオンライン取引総口座数(証拠金の預託されている口座数、否累計口座数)。
2. オンライン取引 実働口座数:口座(2021年10月末時点)
上記総口座数のうち10月末時点で建玉のある口座数
3. オンライン取引部門 預かり証拠金総額:円(2021年10月末時点)
10月末時点でのオンライン取引部署預り証拠金総額。
4. オンライン取引部門 月間売買高:枚(2021年10月度)
10月度のオンライン取引による月間トータルの売買高
5. 一日あたり平均注文件数:件(2021年10月度)
10月度取消し・不成立なども含む一日当たりの平均オーダー件数
6. 一日あたり平均約定件数:件(2021年10月度)
10月度一日当たりの平均約定件数(取消し・不成立などは除く)
7. 自社オンライン取引サービス内容の確認・修正など
自社サービス内容について記入、及び追加・修正ください。

当アンケート後に各項目評価ポイント、及び一目瞭然コーナーを修正・更新いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


2021年度 商品先物ネット取引データアンケート調査について

毎年商品先物ネット取引を取り扱う商品先物取引会社を対象に実施している「商品先物ネット取引データアンケート調査」、22年目となる本年2021年度は10月末時点のデータを対象とし、11月29日(月)〜12月10日(金)の2週間で実施いたします。

11月29日(月)に11月時点で商品先物ネット取引を行っている取引会社【10社】に対してアンケートのメールをお送りし、集計後12月下旬に全データを公開予定です。

どうぞ宜しくお願い致します。


大阪取引所、2021/9/21にCME原油等指数先物(略称:CME原油先物)を新規上場


大阪取引所は、2021年9月21日に新たに「CME原油等指数先物(略称:CME原油先物)」を新規上場。

●CME原油等指数先物(略称:CME原油先物)とは
CMEグループの中核をなすニューヨーク・マーカンタイル取引所市場において取引されている3つのエネルギー先物(WTI先物(原油)、RBOB先物(ガソリン)、ULSD先物(ヒーティングオイル))から構成される指数であるCME原油等指数を対象とする先物取引です。

●構成要素
2021年5月14日現在、CME原油等指数の各構成銘柄のウエイトは以下のように設定されています。
・NYMEX WTI 原油 72%
・NYMEX RBOB ガソリン 13%
・NYMEX NY Harbor ULSD ヒーティングオイル 15%

●商品の特徴
・WTI先物価格との相関が高い
・円建てで取引
・現物の受渡しリスクなし

▼CME原油等指数先物(略称:CME原油先物)商品概要ページ

会社名内容
北辰物産CME原油等指数先物の新規上場につきまして
岡地新商品の追加及び取引に関わる変更点について
コムテックスCME原油等指数先物

JPX、9/21新デリバティブ売買システム「J-GATE3.0」稼働に伴う取引制度の見直し等 

日本取引所グループ(OSE、TOCOM)は、投資家や取引参加者をはじめとした市場利用者にとっての信頼性・利便性をより向上し、流動性の向上を図る観点から、次期デリバティブ売買システム(J-GATE3.0)を2021年9月21日(火)(予定)に稼働。本稼働に伴い大阪取引所及び東京商品取引所の取引制度の見直し等を以下の様に実施。
▼J-GATE3.0稼働に伴う取引制度の見直し等

●取引時間の拡大
<大阪取引所>
・ナイトセッションを翌6時まで延長
・指数オプション取引の日中立会の開始時刻を8時45分に前倒し
<東京商品取引所>
・ナイトセッションを翌6時まで延長

●即時約定可能値幅制度(DCB制度)等の見直し
<大阪取引所>
・オープニング・オークション等における即時約定可能値幅制度の導入
・クロージング・オークションにおける約定可能値幅の拡大(指数先物、指数オプション、商品先物及び商品先物オプションに限る)
<東京商品取引所>
・寄付板合わせ等における即時約定可能値幅制度の導入
・引板合わせにおける即時約定可能値幅の拡大

●サーキット・ブレーカー制度(SCB制度)の見直し
<大阪取引所>
・各商品の中心限月取引において、呼値の値幅制限の上限の値段又は下限の値段で取引等が行われた場合、直ちにSCBを発動
・株価指数先物取引の制限値幅算定基準を当該取引日の呼値の制限値幅の基準値段とし取引日単位で設定
<東京商品取引所>
・原油について、中心限月取引においてサーキット・ブレーカー幅の上限の値段又は下限の値段で取引等が行われた場合、直ちにSCBを発動

●その他
<大阪取引所>
・フレックス先物取引の導入
・新商品の導入(CME原油等指数先物取引の開始)
<東京商品取引所>
・原油の取引期限を、新甫発会日の属する月から起算した 15 月以内の各月である15 限月制に変更(現在は6限月制)
企業名詳細
北辰物産「J-GATE3.0」稼働に伴う制度の見直しにつきまして

tradenews

商品先物ネット取引比較「一目瞭然」

商品先物ネット取引に関する最新ニュースをお届けします。

カテゴリー

アーカイブ

2021

12

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31