ドットコモとネット取引事業の建玉移管に関わる契約締結

スターアセット証券は、ドットコモディティと同社ネット商品取引事業の顧客の建玉移管に関わる契約(トランスファー契約)を締結。建玉・口座については顧客の申出により2月27日(金)に大引け後に移管。

▼商品先物取引(電子取引)に係る建玉移管による引継ぎについて(PDF)


平成21年2月18日
スターアセット証券株式会社
ドットコモディティ株式会社

スターアセット証券株式会社の商品先物取引(電子取引)に係る
建玉移管(トランスファー)による引継ぎについて


この度、スターアセット証券株式会社(以下「SA社」といいます。)とドットコモディティ株式会社(以下「DC社」といいます。)は、SA社の商品先物取引(電子取引)について、DC社に建玉移管を行うことにより引継ぐことに合意し、契約を締結いたしました。

現在、SA社の取引システム『I・トレード』にて商品先物取引(電子取引)を行っていらっしゃるお客様につきましては、口座移管を行い、DC社にてネット取引を継続いただけます。

1.建玉移管実行日
平成21年2月27日(金)大引け後に建玉移管を行います。

2.今後の予定
SA社の商品先物取引(電子取引)のお客様におかれましては、2月26日(木)までに、SA社より別途ご案内する方式にて、口座移管についてのお申出をいただきます。その場合、翌27日(金)の大引けまで、これまでどおり取引システム『I・トレード』にてお取引ができます。

お申出いただいたお客様につきましては、新たな申請のお手間を経ることなくDC社に口座を開設し、2月27日(金)大引け後に「建玉」と「預り証拠金」をDC社に移管いたします。週明けの3月2日(月)からは、DC社の取引システム『Formula(フォーミュラ)』にて、そのままお取引を継続することができます。

口座移管の手続きの詳細、『Formula(フォーミュラ)』の概要等につきましては、お客様に別途ご案内申し上げます。

今後も、両社は、それぞれが展開する分野において、お客様のニーズに適合する取引サービスを、個人投資家の皆様へ提供し続けてまいります。

続きを読む

8/13より投資可能額に基づく新規建玉、入金可否制御開始

スターアセット証券は8月13日より、主務大臣の定める「商品先物取引の委託者の保護に関するガイドライン」および日本商品先物取引協会の定める「商品先物取引の電子取引に係るガイドライン」等の規定に基づき、顧客より申告いただく「投資可能額」の範囲内での建玉および入金を「I・トレード」のすべての顧客のお取引において徹底するため、その可否制御を実施。尚、「投資可能額」とは、損失を被っても生活に支障のない範囲で、取引証拠金等として差入れ可能な資金の総額として定めるもので、顧客のご判断で申告していただく金額のこと。

▼投資可能額に基づく新規建玉および入金の可否制御開始について(PDF)


続きを読む

関西・中部の計8銘柄の新規建玉受託を2/28で廃止

スターアセット証券は2月28日をもって関西商品取引所の全銘柄および中部大阪商品取引所における一部銘柄の新規建玉受託を廃止。受託廃止銘柄は関西商取(小豆・米国産大豆・とうもろこし・大豆ミール・ブロイラー・粗糖)、中部大阪商取(ゴム指数・アルミニウム)の計8銘柄。


▼商品先物取引 受託廃止銘柄のお知らせ

関西商品取引所の全銘柄および中部大阪商品取引所における一部銘柄の新規建玉の受託を、下記の期日をもちまして廃止させていただきますのでご了承ください。
東京市場への一極集中等で、当該銘柄の出来高はここ数年細りつつあり、当社においても取引量の減少が著しいことから、この度受託の廃止を決定したものです。

なお、期日までに当該銘柄の建玉をおこなわれたお客様の仕切り(手仕舞い)注文に関しましては、各限月の期日まで通常どおり受託させていただきます。

続きを読む

tradenews

商品先物ネット取引比較「一目瞭然」

商品先物ネット取引に関する最新ニュースをお届けします。

カテゴリー

アーカイブ

2021

9

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30