商品先物ネット取引最新ニュースブログ

▼お奨めPR情報

▼商品先物ネット取引比較!

▼取引業者別ニュースリスト

▼Image

商品先物ネット取引取扱い11社最新ランキングを更新

商品先物ネット取引取扱い11社最新ランキングを更新

8/6付でiPhone版取引アプリ提供開始

8/6付でiPhone版取引アプリ提供開始

WorldCup Championship日本予選11/16より開催

WorldCup Championship日本予選11/16より開催

商品先物ネット取引取扱い20社最新ランキングを更新

商品先物ネット取引取扱い20社最新ランキングを更新

商品先物ネット取引取扱い12社最新ランキングを更新

商品先物ネット取引取扱い12社最新ランキングを更新

1月よりパソコンアカデミーを開講

1月よりパソコンアカデミーを開講

10/1目処にドットコモ、ひまわりCX、アストFのネット取引事業統合に合意

10/1目処にドットコモ、ひまわりCX、アストFのネット取引事業統合に合意

アクセスCX専用サイトを開設、ロゴも刷新

アクセスCX専用サイトを開設、ロゴも刷新

▼商品先物ネット取引業界データ

ネット取引データ2015 「2016年度商品先物ネット取引データ調査結果(2016年10月度)」
★預り規模はホールセール込で推計469億円と業界全体の約39%
★口座数は推計23928口座、実働は推計7441口座と稼働率31%
★売買高は136万枚(ホールセール込)、55万枚(一般対象)

2017年03月29日(水)

[ 岡藤商事 ]
4/1より取引手数料を改定(引き上げ)へ

岡藤商事は、2017年3月31日(金)夜間立会よりネット取引における金ミニ・白金ミニ・金限日・白金限日の4銘柄の委託手数料を改定へ。通常取引を現行の往復120円/枚から180円/枚に引き上げへ。

▼Expert:手数料改定のお知らせ

>>この記事の続きを読む

Posted at 固定リンク

[ 楽天証券 ]
4/1より取引手数料を改定(引き上げ)へ

楽天証券は、2017年3月31日(金)夜間立会よりネット取引における委託手数料を改定へ。通常取引を現行の片道320円/枚から350円/枚に引き上げへ。

▼国内商品先物取引における売買手数料の変更(PDF)

手数料コース名 対象 旧売買手数料 新売買手数料
一律コース 標準品 320円/1枚 350円/1枚
サヤトレーダーコース 標準品 255円/1枚 285円/1ない

>>この記事の続きを読む

Posted at 固定リンク

[ コムテックス ]
4/1より取引手数料を改定(引き上げ)へ

コムテックスは、2017年3月31日(金)夜間立会よりオンライントレード取引における委託手数料を改定へ。通常取引を現行の片道324円/枚から378円/枚に引き上げへ。

▼オンライントレード取引における委託手数料の改定

対象取引 改定後委託手数料(税込) 現行委託手数料(税込)
通常取引 378 円/1 枚 324 円/1 枚
ミニ・限日取引 108 円/1枚 86 円/1枚

>>この記事の続きを読む

Posted at 固定リンク

2017年03月13日(月)

[ 東京商品取引所 ]
3/21(火)日中立会より新規上場「プラチナスポット」取引開始!

東京商品取引所は、2月1日付で農林水産大臣及び経済産業大臣より白金限日取引(愛称:プラチナスポット)に係る業務規程等の変更について認可を受け、プラチナスポットは2017年3月21日(火)より新規上場し取引開始となります。

▼白金限日取引(プラチナスポット)の取引開始について

以下取引会社や関連サイトでのプラチナスポットまとめです。

掲載会社 日付 内容
東京商品取引所 3/1 白金限日取引(プラチナスポット)の取引開始について
みんなのコモディティ 3/10 『プラチナスポット』新規上場特設ニュース!
北辰物産 3/13 白金スポット取引、投資戦略の拡大に期待!
岡地 3/13 東京プラチナスポット概要

>>この記事の続きを読む

Posted at 固定リンク

[ 岡地 ]
3/21付でオアシス相場情報をリニューアル

岡地は、2017年3月21日(火)付で「オアシス」相場情報をリニューアル。リニューアル後のオアシスはJavaを使っていないため、Java更新作業は不要に。 それに伴い、チャートはどのブラウザでも利用可能に(タブレットやMacでもOK)

▼岡地:【オアシス】相場情報リニューアルについて

画像(500x361)

オアシス相場情報をリニューアル

>>この記事の続きを読む

Posted at 固定リンク

2016年12月16日(金)

[ 更新・修正等 ]
2016年度「商品先物ネット取引データ調査・分析結果」を公開

10月末時点で商品先物ネット取引サービスを提供する12社に対し、11月11日〜11月25日の期間で実施した「商品先物ネット取引データアンケート」を集計・分析した結果を本日12月16日に公開しました。総口座数・実働口座数・預り証拠金・月間売買高など各項目別に結果を公開しランキング表示を行っております。

▼商品先物ネット取引各社データ集計結果(2016年10月度)

画像(495x435)

【調査結果サマリー】
★預り規模は ホールセール込で推計380億円と業界全体の約33%
★総口座数は推計23928口座、実働は推計7441口座と稼働率31%
★ネット売買高はホール込で136万枚、一般対象で55万枚

【調査分析結果全体数値】([]内は公開企業数値)

 1. 総口座数         23928口座[19629口座]
 2. 実働口座数A        7441口座[5631口座]
 3. 実働口座数B        7213口座[5191口座]
 4. 預り証拠金A(個人)    331億円[251億円]
 5. 預り証拠金B(ホール込)  380億円[291億円]
 5. 月間売買高A(個人)    55万枚 [43万枚]
 5. 月間売買高B(ホール込)  136万枚 [124万枚]
 6. 口座増加数        -557口座(2.4%減)
 7. 口座稼働率        31.1%
 8. 1口座あたり預り証拠金[A] 138.5万円
 9. 1口座あたり月間売買高[A] 74.6枚
 10.1担当者あたり預り[A]   4億5382万円

【掲載項目】
[総合]
2016年10月度ネット取引各社取引データ一覧、関連データ業界全体比較
[各種ランク]
総口座数、実働口座数、預り高、売買高、注文件数、口座増加数、口座稼働率、枚数/オーダー、1口座あたり預り・売買高、1担当者あたり預り・売買高、企業内シェア(預り)


アンケートにご返答頂いた企業・担当者の皆様、お忙しい中ご対応頂き誠に有難う御座いました!

Posted at 固定リンク

2016年12月12日(月)

[ 更新・修正等 ]
商品先物ネット取引取扱い12社最新ランキングを更新

11月11日〜11月25日の期間で実施した「商品先物ネット取引データ&サービス内容アンケート調査」の結果を元に、各社のネット取引最新サービス内容を更新、ポイント評価基準に従い全12社のレーティング&ランキングを更新しました。

▼商品先物ネット取引総合レーティング・ランキング(12/11現在)

画像(443x454)

尚、これまで通り各社のサービス内容・レーティングについては随時更新を行い、同時にランキングにも反映していきます。

ぜひ各社の最新サービス内容をチェックしてみてください。

>>この記事の続きを読む

Posted at 固定リンク

2016年11月11日(金)

[ 更新・修正等 ]
2016年度ネット取引データアンケート調査返答結果

11月11日(金)から11月25日(金)の期間で実施しております「2016年度商品先物ネット取引データアンケート調査」の返答結果を日々こちらにて掲載して行きます。

※アンケート調査のご案内については11日(金)9:00までに全社配信済みです。もし未達の場合はメールにてお問合せ下さい。

【アンケート回答企業一覧(返答順):11社】
岡地、北辰物産、フジトミ、楽天証券、岡藤商事、日産証券、岡安商事、EVOLUTION JAPAN、サンワード貿易、フジフューチャーズ、コムテックス
(11/28現在)

Posted at 固定リンク

2016年11月07日(月)

[ 更新・修正等 ]
2016年度 商品先物ネット取引データアンケート調査について

毎年商品先物ネット取引を取り扱う商品先物取引会社を対象に実施している「商品先物ネット取引データアンケート調査」、17年目となる本年2016年度は10月末時点のデータを対象とし、11月11日(金)〜11月25日(金)の2週間で実施いたします。

▼2016年度 商品先物ネット取引データアンケート調査概要


11月11日(金)午前中に10月時点で商品先物ネット取引を行っている取引会社【12社】に対してアンケートのメールをお送りし、集計後12月中旬に全データを公開予定です。

尚、アンケート項目などは以下の通り。

【取引データアンケート調査内容(主要項目)】
※全て一般顧客からの受託を対象としたアンケートとなります。

1. オンライン取引 口座数:口座(2016年10月末現在)
※10月末時点でのオンライン取引総口座数(証拠金の預託されている口座数、否累計口座数)。
2. オンライン取引 実働口座数:口座(2016年10月末時点)
※上記総口座数のうち10月末時点で建玉のある口座数
3. オンライン取引部門 預かり証拠金総額:円(2016年10月末時点)
※10月末時点でのオンライン取引部署預り証拠金総額。
※2013年よりホールセール部分も加味した数値も項目追加。
4. オンライン取引部門 月間売買高:枚(2016年10月度)
※10月度のオンライン取引による月間トータルの売買高
※2013年よりホールセール部分も加味した数値も項目追加。
5. 一日あたり平均注文件数:件(2016年10月度)
※10月度取消し・不成立なども含む一日当たりの平均オーダー件数
6. 一日あたり平均約定件数:件(2016年10月度)
※10月度一日当たりの平均約定件数(取消し・不成立などは除く)
7. 自社オンライン取引サービス内容の確認・修正など
※自社サービス内容について記入、及び追加・修正ください。

当アンケート後に各項目評価ポイント、及び一目瞭然コーナーを修正・更新いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

Posted at 固定リンク

2016年11月04日(金)

[ 岡藤商事 ]
11/12より小菅努氏「マーケットエッジレポート」配信開始

2016年11月12日(土)よりYahoo!ニュース「コモディティアナリストの視点」で人気の商品アナリスト・小菅努氏の「マーケットエッジレポート」配信開始。

▼11月12日(土)から小菅努氏の「マーケットエッジレポート」の配信を開始

>>この記事の続きを読む

Posted at 固定リンク

2016年10月02日(日)

[ 更新・修正等 ]
システム変更に伴う内容・ポイント修正

2016年9月20日(火)付で東京商品取引所(TOCOM)が新システムに入れ替わったことに伴い、各社の注文関連の内容を更新しました。また金オプション開始に伴う修正も同時に行っております。それに併せて「評価ポイントテーブル」を微修正、トータル189ポイント(前回より1pt減)となっています。

▼商品先物ネット取引/一目瞭然:評価ポイントテーブル(10/1改定)

1.取扱銘柄>金オプション
2.注文関連>東商取・執行条件等

またその他の修正・内容確認は、11月実施のネット取引データアンケート調査の際に確認・更新を行う予定です。

どうぞよろしくお願いします。

Posted at 固定リンク

2016年09月01日(木)

[ 更新・修正等 ]
TOCOM次期取引システムの変更について

東京商品取引所(TOCOM)は、2016年9月20日(火)より日本取引所グループ(JPX)の取引システムが導入される予定となっています。その変更点などについて各社からの案内を以下にまとめます。※順次追加

会社名 掲載日 内容
東京商品取引所 - 次期システムの本番稼働経過情報
北辰物産 08/05 東京商品取引所の次期取引システムの変更点について
日産証券 08/05 東京商品取引所のシステム更改に伴う当社取引ルール等の変更のご案内
岡地 08/17 <オンライン取引>TOCOM新システムの変更点について
コムテックス 08/24 東京商品取引所の新システム移行に伴う制度変更のお知らせ
フジF 08/31 東京商品取引所の次期取引システムの変更点について
カネツ証券 09/01 東京商品取引所の取引システム変更に伴う弊社の対応について
岡藤商事 09/02 東京商品取引所(TOCOM)のシステム更改について
サンワード貿易 09/* 東京商品取引所システム更改に関するお知らせ

>>この記事の続きを読む

Posted at 固定リンク

2016年08月29日(月)

[ 楽天証券 ]
9/19付で取引ツール「マーケットスピードCX」リリース

楽天証券は、2016年9月19日(月)(取引開始は9月20日(火)より、東京商品取引所の国内商品先物取引専用の最新取引ツール「マーケットスピードCX」をリリース予定。

▼国内商品先物取引専用の最新取引ツール「マーケットスピードCX」リリースのお知らせ

画像(500x285)
マーケットスピードCXは、HTML5を採用することにより、ブラウザベースでありながら、インストール型のアプリケーションに匹敵する高速性とユーザビリティの高さを実現いたしました。

また、レイアウトを自由にカスタマイズして自身の最適な取引環境を実現できる、頻繁に取引したいアクティブトレーダーにお勧めの「こだわりモード」、および従来の取引ツール「Formula」 の画面機能を踏襲した初心者の方や従来の取引ツールに慣れているお客様にお勧めの「かんたんモード」より、お客様の取引スタイルに合ったモードをお選びいただくことができます。

その他にも、楽天証券のマーケットスピードらしさを踏襲し、プッシュ通知による約定通知や約40種類の最新のテクニカル分析指標を準備いたしました。さらに「こだわりモード」では画面の配置を自由に配置できるマイページ機能も搭載し、お客様それぞれに最適な取引環境を提供可能といたしました。

9月に予定されている東京商品取引所の制度変更対応に併せて、金限日(東京ゴールドスポット100)取引にも対応いたします。決済期限が無く、少額で、ほぼ24時間取引が可能な東京ゴールドスポット100を、業界最安値水準の手数料(56円(税込60円)/枚)にてサービス提供いたします。

楽天証券では、既に提供しているマーケットスピードの高度な技術力とノウハウを受け継ぎ、新たに誕生する「マーケットスピードCX」にて、今後もお客様に最高の取引環境を提供してまいります。

>>この記事の続きを読む

Posted at 固定リンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

F-BLOGオフィシャルブログ

相場ドラゴステ
クラウディアの“相場ドラゴステ”
相場のポイントを捕えるコメント。
我想う
【CX&FX】カウボーイの“我想う”
商品先物&為替ウォッチブログ。
先物流儀
小次郎講師の“先物流儀”
先物業界の変化をいち早くお届け。

先物ネット取引PR広告

ネット取引ニュース on Twitter

Cowboy on Twitter

更新通知[RSS]

RSS

ニュース検索


最近のニュースリリース

スポンサードリンク

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 CapitalF Co.,Ltd. All rights reserved.