商品先物ネット取引最新ニュースブログ

先物ブログナビ
ブログランク
ALL先物比較
ネットCX比較

▼お奨めPR情報

▼商品先物ネット取引比較!

▼取引業者別ニュースリスト

▼Image

その他サービス・スマホ等でポイントテーブルを改定

その他サービス・スマホ等でポイントテーブルを改定

10/22よりスマホツール「D-touch」に情報コンテンツを追加

10/22よりスマホツール「D-touch」に情報コンテンツを追加

1/6よりリアルマネー選手権「EVOCX CUP」開催

1/6よりリアルマネー選手権「EVOCX CUP」開催

6/3付で3カ国語対応iPhoneアプリ「iFormula」提供開始

6/3付で3カ国語対応iPhoneアプリ「iFormula」提供開始

コメ先物:取扱&キャンペーン・イベント・ニュース

コメ先物:取扱&キャンペーン・イベント・ニュース

商品先物ネット取引取扱い19社最新ランキングを更新

商品先物ネット取引取扱い19社最新ランキングを更新

8/20付でスマホ版「D-touch」にチャートクロスライン表示機能など追加

8/20付でスマホ版「D-touch」にチャートクロスライン表示機能など追加

7/1より楽天証券での商品先物取扱開始

7/1より楽天証券での商品先物取扱開始

▼商品先物ネット取引業界データ

ネット取引データ2015 「2018年度商品先物ネット取引データ調査結果(2018年10月度)」
★預り規模はホールセール込で推計469億円と業界全体の約39%
★口座数は推計24010口座、実働は推計6125口座と稼働率26%
★売買高は106万枚(ホールセール込)、59万枚(一般対象)

2019年07月05日(金)

[ 北辰物産 ]
祝日立会外取引の取扱いを終了へ

北辰物産は、2019年4月29日より開始した「祝日立会外取引」の取扱を終了。

「祝日立会外取引」は、日本が祝日中のマーケット動向に対応できるように、東京商品取引所(TOCOM)が提供する立会外取引にかかるTOCOMウィンドウを利用した取引のこと。

▼祝日立会外取引のお取り扱い終了のお知らせ

Posted at 固定リンク

2019年05月30日(木)

[ フィリップ証券 ]
フィリップ証券のサービス概要を追加しました

商品先物ネット取引比較『一目瞭然!!』に、フィリップ証券の情報を追加しました。

▼商品先物ネット取引比較『一目瞭然!!』

Posted at 固定リンク

2019年04月19日(金)

[ 北辰物産 ]
4/29よりTOCOMウィンドウを利用した祝日立会外取引開始

北辰物産は東京商品取引所(TOCOM)が提供する立会外取引にかかるTOCOMウィンドウ(以下、「Ne2トコムウィンドウ」)を利用した祝日立会外取引の取り扱いを、2019年4月29日(月)より開始。 本取引は日本の祝日中も行われており、ゴールデンウィーク中でも取引が可能に。

▼祝日立会外取引開始のご案内

【対応銘柄】
貴金属市場:金(標準)、白金(標準)
石油市場:プラッツドバイ原油、バージガソリン、バージ灯油
ゴム市場:RSS3、TSR20

【売買手数料及びシステム利用料】
通常のD-station手数料と共に、別途、祝日立会外取引手数料として1枚当たり片道7,560円(税込)が掛かります。
※祝日立会外取引手数料は、セルフ・プレミアムオンライン取引・及び銘柄に関わらず共通です。

【注文受付日】
Ne2トコムウィンドウが稼働する休祝日(土日を除く)に限ります。

【注文受付時間】
8時から19時まで受付させて頂きます。

【注文のご依頼方法】
※お電話のみの受付とさせて頂きます。

【注文受付の制限】
・仕切注文のみ受付致します。
・執行条件は、指値注文(FaS)のみ受付致します。尚、弊社で受注可能な指値幅は、銘柄ごとに弊社で定めた値幅内とさせて頂きます。
・一度に受付可能な指値件数は、1銘柄につき3件とさせて頂きます。
・本取引の注文の有効期限は、翌7:00までとなります。

Posted at 固定リンク

2019年02月21日(木)

[ 東京商品取引所 ]
第4回TOCOMリアルトレードコンテストを4月から開催

最低参加資金50万円、参加申し込みは3月1日より受付開始

東京商品取引所(東京都中央区・代表執行役社長 濱田隆道)は、第4回TOCOMリアルトレードコンテストを4月1日から9月30日までの6か月間開催することを発表。

画像(500x160)

本コンテストは、第1回(2017年6月〜8月実施)、第2回(2018年1月〜3月)、第3回(2018年7月〜12月)と回を重ねるごとにより多くの注目を集め、参加者数は当初の2倍である約500名に増加。第3回コンテスト優勝者の利益率は317.33%、利益額は137,371,180円にのぼり「億り人」が誕生。

第4回大会の開催期間は、ファンダメンタル等をベースに中長期的にポジションを保持する投資家に対応して6か月間とし、最低資金額は、FX投資家等による新規参入を促すため50万円に。評価方法は利益率と利益額の二つとし、それぞれにおいて成績優秀者上位10名を表彰します。

▼第4回TOCOMリアルトレードコンテストの詳細はこちら

Posted at 固定リンク

2019年02月12日(火)

[ 岡藤商事 ]
3/29付でネット取引を日産証券に顧客移管へ

岡藤商事は、経営資源の選択と集中による業務効率を高めることを目的とし、商品先物取引事業の内インターネット取引について日産証券株式会社に顧客移管(トランスファー)を決定。移管予定日は2019年3月29日。

▼顧客移管(トランスファー)に関するお知らせ

商品先物ネット取引徹底比較からランキングまで

Posted at 固定リンク

2019年01月21日(月)

[ SBI証券 ]
1/21よりコメ先物を対象とした「コメeワラント」取扱開始

SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:?村正人)と、eワラント証券(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:八木隆二)は、2019年1月21日(月)より、eワラント証券が提供する個人投資家向けカバードワラントに、新規銘柄として『コメeワラント』を追加し、SBI証券ユーザ向けに提供開始。

『コメeワラント』は、大阪堂島商品取引所に上場しているコメ先物を対象とするeワラントです。個人投資家向け金融商品としてコメ先物を対象としたものは国内唯一となります(eワラント証券調べ)。今回、取扱開始となる『コメeワラント』は大阪堂島商品取引所に上場しているコメ先物のうち「新潟コシ(新潟県産コシヒカリ)先物」を対象とするeワラントで、新潟コシ先物価格上昇時に値上がりが見込める「トラッカー型」の取引が可能となる予定です。

実際の『コメeワラント』の対象原資産は大阪堂島商品取引所に上場しているコメ先物の価格に概ね連動します。『コメeワラント』の取引は他のeワラント同様マーケット・メーク方式によって行われ、マーケット・メーカーはお客さまとの取引の相手方になる一方で、コメ先物取引によってリスクヘッジを行います。

投資家にとって、コメ先物への投資を『コメeワラント』によって行なうメリットは次の通りです。

・ 1万円以下の少額資金からコメ先物取引に参加できます。
・ 追証はなく最大損失が投資元本に限定されています。
・ 『コメeワラント』を満期まで保有しても、コメ先物取引とは違い現物の授受

は行いません。

▼SBI証券、コメ相場に少額から投資ができる『コメeワラント』取扱開始
▼大阪堂島商品取引所、「コメeワラント」取扱開始について(PDF)

Posted at 固定リンク

2019年01月18日(金)

[ 東京商品取引所 ]
第3回TOCOMリアルトレードコンテスト最終ランキングを公表

2018年7月2日から12月28日の期間で実施した「第3回TOCOMリアルトレードコンテスト」における「利益率」および「実益額」の最終ランキングが発表となりました。(2018年12月28日時点)

■利益率ランキング

画像(495x392)

■実益額ランキング

画像(495x392)

▼第3回リアルトレードコンテストの最終ランキング
▼TOCOMリアルトレードコンテスト公式サイト

Posted at 固定リンク

2019年01月12日(土)

[ 更新・修正等 ]
2018年度「商品先物ネット取引データ」にフジFのデータ追加

2018年度「商品先物ネット取引データ調査・分析結果」にフジフューチャーズのデータを追加しました。

▼商品先物ネット取引各社データ集計結果(2018年10月度)

Posted at 固定リンク

2018年12月25日(火)

[ 更新・修正等 ]
2018年度「商品先物ネット取引データ調査・分析結果」を公開

10月末時点で商品先物ネット取引サービスを提供する12社に対し、11月28日〜12月11日の期間で実施した「商品先物ネット取引データアンケート」を集計・分析した結果を本日12月25日に公開しました。総口座数・実働口座数・預り証拠金・月間売買高など各項目別に結果を公開しランキング表示を行っております。

▼商品先物ネット取引各社データ集計結果(2018年10月度)

画像(495x435)

【調査結果サマリー】
★預り規模はホールセール込で推計約352億円と業界全体の約32%
★総口座数は推計24010口座、実働は推計6125口座と稼働率26%
★ネット売買高はホールセール込で106万枚、一般対象で59万枚

【調査分析結果全体数値】([]内は公開企業数値)
 1. 総口座数         24010口座
 2. 実働口座数A        6125口座
 3. 実働口座数B        5909口座
 4. 預り証拠金A(個人)    299億円
 5. 預り証拠金B(ホール込)  351億円
 5. 月間売買高A(個人)    59万枚
 5. 月間売買高B(ホール込)  106万枚
 6. 口座増加数        -150口座(0.6%減)
 7. 口座稼働率        25.5%
 8. 1口座あたり預り証拠金[A] 124.8万円
 9. 1口座あたり月間売買高[A] 97.3枚
 10.1担当者あたり預り[A]    3億6997万円

【掲載項目】
[総合]
2018年10月度ネット取引各社取引データ一覧、関連データ業界全体比較
[各種ランク]
総口座数、実働口座数、預り高、売買高、注文件数、口座増加数、口座稼働率、枚数/オーダー、1口座あたり預り・売買高、1担当者あたり預り・売買高、企業内シェア(預り)


アンケートにご返答頂いた企業・担当者の皆様、お忙しい中ご対応頂き誠に有難う御座いました!

Posted at 固定リンク

[ 更新・修正等 ]
商品先物ネット取引取扱い12社最新ランキングを更新

11月28日(水)から12月11日(火)の期間で実施した「商品先物ネット取引データ&サービス内容アンケート調査」の結果を元に、各社のネット取引最新サービス内容を更新、ポイント評価基準に従い全12社のレーティング&ランキングを更新しました。

▼商品先物ネット取引総合レーティング・ランキング(12/25現在)

画像(443x454)

尚、これまで通り各社のサービス内容・レーティングについては随時更新を行い、同時にランキングにも反映していきます。

ぜひ各社の最新サービス内容をチェックしてみてください。

Posted at 固定リンク

2018年12月07日(金)

[ 更新・修正等 ]
2018年度ネット取引データアンケート調査返答結果

11月28日(水)から12月11日(火)の期間で実施しております「2018年度商品先物ネット取引データアンケート調査」の返答結果をこちらにて掲載して行きます。

※アンケート調査のご案内については28日(水)10:00までに全社配信済みです。もし未達の場合はメールにてお問合せ下さい。

【アンケート回答企業一覧(返答順):8社】
コムテックス、北辰物産、フジトミ、岡藤商事、豊商事、岡安商事、日産証券、サンワード貿易(12/10現在)

Posted at 固定リンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

F-BLOGオフィシャルブログ

相場ドラゴステ
クラウディアの“相場ドラゴステ”
相場のポイントを捕えるコメント。
我想う
【CX&FX】カウボーイの“我想う”
商品先物&為替ウォッチブログ。
先物流儀
小次郎講師の“先物流儀”
先物業界の変化をいち早くお届け。

先物ネット取引PR広告

ネット取引ニュース on Twitter

Cowboy on Twitter

更新通知[RSS]

RSS

ニュース検索


最近のニュースリリース

スポンサードリンク

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 CapitalF Co.,Ltd. All rights reserved.